2012年10月18日木曜日


16時過ぎにユーロドル、ドル円、クロス円などが瞬間急落する場面がありました。
しかし、崩落につながるようなものではなく、
すぐさま下げた分が買い戻されているところをみると
売り仕掛けではなく、利食いが入り、買い場を探していた向きは
ここでしっかりと買参入してきたものと思われます。

先週までは強気派と弱気派が拮抗し方向のない相場が続いていましたが、
昨日あたりからしっかりと強気のトレンドが形成され始めたように見えます。

これはもう観念して、国策に逆らうなということだと受け入れて
これから始まるバブルに乗るしかない、と思うようになってきました。

非常に脆弱であることも、問題もたくさん抱えたままであることも
ひとまず置いておいて。

まだこの相場がおかしい、下がるはずだとして売る向きがあるかと思います。
だから上がるんだ、ということを念頭に買いに回ります。
ファンド勢も売っても売っても崩せなかった米株は
一度信じられない領域にまで上がるのかもしれません。
売り屋だったファンド勢が撤退を強いられているのでしょう。
ファンドの清算が増加しているというニュースが今朝の日経に。

ブルトレンドは今生まれたばかりです。
懐疑の中で相場は育つのです。

皆が買い始めて、もうアメリカ大丈夫じゃん、出口戦略も近いと
どこかの金融機関が予想し始めたころでしょう。実態に気が付くのは。
その時にまた売り再開ですが、ちょっと後になりそう。
2012年にはそういう下落に見舞われると思っていたのですが、
さて、後2か月あまりでそういうクライマックス的相場を演じるまでの
相場となるでしょうか。次のシナリオのタイミングはまだわかりませんが、
今は上昇トレンドに乗るほうが賢いんだと思います。

というころでユーロやドル円、クロス円の押し目を待ちたいところですが、
このままボリンジャーがバンドウォークしてしまうと押し目待ちに
押し目なし、という展開になりそうです。

ということで今日夕刻に、理由もなく急落(といってもほんの数十PIPS)
したところでユーロ円を拾ってみました。
コストは103.54円

ああ、高値掴みになりませんように!!

今夜からEU首脳会議です。
ヘッドラインリスクにご注意!

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社