2012年10月8日月曜日


やはり大統領選挙を睨んで…ということでしょうか。
GEの元会長、ジャック・ウェルチ氏が

「雇用統計は信じられない数字だ。
シカゴの連中は何でもやるんだな。
討論会に勝てないと、今度は数字を変えてくる」

と発言し騒動となっているようです。
これ、雇用統計は改竄できるって言ってるようなものよね。

だって、失業率は前月の8.1%から7.8%に低下だなんて
ちょっと良すぎるんだもの。そういう気持ちになるもの解るわ。
これはオバマ氏が大統領に就任した2009年1月以来の低水準。

やはり大統領選挙前の雇用統計が悪い数字になるわけがない。
だから今回はいい数字が出るだろう…一部関係者の間で
噂された予想がその通りになりました。

大統領選挙を戦うにあたって、
失業率が7%台か、8%台かでは全く風景が異なるとされています。
戦後の大統領選で8%台で再選できた大統領はいません。
7%台でも十分とはいえません。
レーガン大統領が7.4%で再選を果たしたのが唯一の事例。


一方でNFP非農業部門の新規雇用者数の方は11万4000人の増加に
留まっているのも違和感を覚える原因となっているのでしょう。
失業率改善にはNFP15万人増が必要とされています。

失業率は家計調査ベース、
NFPは事業所調査ベースの推計値。

対象が異なり結果がズレることがままあるのですが。

家計調査は対象数が小さく不安定な数値なんですって。
だからこれが本物かどうかを判断するには
もうすこし時間の経過を見てトレンドとなるかどうかを
見ないとなんとも言えないというもののようです。

ぶれやすいということになると、
選挙前だからいい方向にブレるような作為があったのでは?
という疑念が生まれてくることもあるということですねぇ。

これで、もう1段リスク資産を買う素地が整ってきた_?!
米株式市場ではNY ダウが週間で173ドル上昇し、
2007 年12 月以来4 年10 ヶ月ぶりの高値水準で取引を終えています。

ユーロも一段高、ドル円も78・86円まで上昇、
リスク・オン全開か?!と思わせる流れですが、
豪ドルは下落しています。

リスク・オン相場で買われなくなってきた豪ドル。
これがこの先のなにか大きな事件を先行して示唆して
いるように思えてなりませんが、
ともかく豪ドル売りポジションは継続ですね。
人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】


※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社