2012年10月9日火曜日


欧州版のIMFとされるESMが昨日8日にEU財務省会合で正式に発足しました。

ようやくですね。
確か当初は7月予定だったと思う。
それが発足できずにいるもんだから7月中はユーロは
だだ下がりだったわけですが、ひとまず安心感?
若干ユーロが買い戻し気味ですが、これを材料にしてというには
力無い印象・・・ESM発足は当然あるべきものとして
市場は次のテーマを物色しにかかっているのかもしれません。

テクニカル的にはユーロドルに売りサインが出そうなムード・・・
まだ決定打はありませんが。

そういえばIMF世銀総会が今日から東京で開催されていますね。
どこぞのエライ人が何か言った、ってニュースで相場が
動く可能性もありますが、根幹を揺るがす(トレンドを作る)ほどの
材料は出てこないと思います。

IMFは先程、世銀総会に向けて世界経済見通しを発表。
下方修正しています。
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPTK052538920121009

世界経済の成長は2012年は3.3%、
13年は3.6%に鈍化する見通しで、
4月見通しから2度目の下方修正となります。

また世界銀行は、日本を除く東アジア地域(中国含む)の
2012年経済成長率を7.2%と予想していますが、こちらも
今年5月時点における予測の7.6%から大きく下方修正されています。

また、世銀は中国経済の成長率予想を
5月の8.2%から7.7%に引き下げてもいます。

豪ドル売りには協力な後ろ盾かな。

アメリカ合衆国の大手金融機関ステート・ストリートが
「スイスフランの預金に0.25%の課金を実施する」と発表しています。
預金したらお金が減っていくってことですよね。
えーーー。そんな馬鹿な。

これを受けてスイスフラン上昇しています。

また、米ステート・ストリートと
バンク・オブ・ニューヨーク・メロンは
ユーロから逃避してデンマーク・クローネや
スイス・フランを保有する預金者にマイナス金利を適用との報道。
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MBLP6O6K50ZJ01.html
あ、これはステート・ストリートは同じことね。
つまりマイナス金利ってことですか。

いやはや異常ですよ。
だから私はリスクアセットを売りたいと思うの。
人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社