2012年11月10日土曜日


酷い相場になっていますね・・・・

大統領選挙までは株価は支えられるのでは~なんて
穿った見方もありましたけれど、
ホントにそうだったんじゃないのかって思ってしまうわ。

米株が冴えません。
大統領選挙は関係ないと思いますが、
でも選挙が終わって、すぐさま市場の焦点が
「財政の崖」にシフトしたことで手仕舞いが起こっていると
するなら、やはり大統領選は関係があった、
(通過までは財政の崖リスクを囃さなかった)
と見ることもできるか。

それが証拠に、米株が弱くても金が買われているんですよね。
昨年8月でしたっけ、債務上限問題があった時、
下院がまさかの否決で市場は大荒れ、
米国債の格下げにまで問題が拡大したのですが、
この時金は怒涛の買いで1900ドル台まで上がったんです。
リスク回避で逃げた資金は無国籍通貨の金へ~。

これと同じことが起こる可能性があるってこと。
だから2ヶ月連続雇用統計が良くて調整が続いていた金が
(1700ドルを割れて、200SMAギリギリまで売られました)
再び上がってきたってことだと思います。

あるいはオバマ米大統領の再選を受けて、ボルカー・ルールや
金融規制改革法による投資環境の悪化を懸念しているのかも。
米系ヘッジファンドによる手仕舞いが下落の背景にあるとも
指摘されています。ヘッジファンドの解約45日前告知ルールというのが
ありますので、11月15日(年末から逆算して45日該当日)に向けた
手仕舞いが起こっているということかもしれません。

そんな中でもソロスファンドは金を買っている?!
なんて噂が市場関係者の今日のHOTな話題でした。
http://blog.radionikkei.jp/trend/date/20121109/
 
全般リスクオフムード濃厚となるなか、せっかくトレンドが
でき始めていたドル円相場にも黄色信号。
リスクオフだと円高となります。
リスクオンだとドルキャリーが起こり円安。
今、このドルキャリーの巻き返しが起こっている模様。

火曜に80.16円でロングしたドル円のポジションは
80円割れたところでロスカット。
損切りとなりました。。。。

欧州問題も再燃の兆候。
スペイン国債利回りが今夜は上がっています。

今夜、ギリシャ議会が2013年の予算案を通過するかどうかって
とっても大事なポイント。
ギリシャ副財務相は「ギリシャの現金準備はほぼ枯渇している」と
話ており、これが可決されないとデフォルト・・・?!

可決されれば週末12日のユーロ圏財務相会合で、
第2次金融支援(1300億ユーロ)の11月分の融資(315億ユーロ)が
承認される見通しですが、難航しそうな予感。
だってギリシャ裁判所がEU、IMFが提案している年金受給額削減や、
退職年齢の引き上げ案に対しては違憲の可能性との
判断を示しているって話で、違憲だという認識のものを通すでしょうか・・・
というリスク。

でもね、今日ユーロの新紙幣が発表されましたよね。
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MD74R36JIJWS01.html

ギリシャ神話の「エウロパ」の肖像の透かしが入り、
左上にはドラギ欧州中銀総裁のサインがある新紙幣。

表向きは偽造対策の強化ですけれど、
裏読みすれば、ギリシャはユーロから離脱させないっていう
メッセージだという指摘もあって面白い。
だとすれば、それほどギリシャギリシャで売り込むことも
ないかと思いますが、それでも、目先のイベントリスクで
乱高下ってのはありますので週末はユーロの波乱に注意が必要かな。
しかしユーロも下がってきちゃったわよね。
上をみていたんだけどなぁ。

しかも、ドイツもこのところ元気がない。
独経済技術省が
「独経済成長率は2012年10-12月期から2013年1-3月期にかけて
著しく低下する恐れがある」との見解を示しています。

ドル円ロングに失敗して、シナリオ練り直し中です・・・
週末ですし今夜はノーポジションで終わりますが、
やはり来週からは米株睨みでのシナリオ構築がいいかな。
反発なら再度ドル円ロング、続落なら戻り売りです。

では良い週末を。
人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社