2012年11月30日金曜日


昨晩買ったユーロ円や豪ドル円ロングは今日利食いました。
特に気になったのはお豪ドルの重さ。
86円台から上が重くてなかなか伸びないのを見て
85.88円でやめました。薄利ですが、一応利食い。

ユーロ円は106.47円で手仕舞い。
どうも上値追いの流れには今一つ材料が不足しているような
気がしてなりません。中長期では上目線でも
短期でコスト割れしたら意味がないので、再参入のチャンスを
伺うことにしました。

豪ドルが冴えないのは中国株が下落していることが
影響しているのかもしれません。
米国は「財政の崖」問題が波乱要因とされていますが、
昨晩(水曜夜)はベイナー米下院議長が
「危機の回避に向けた真剣な歳出削減が伴う場合、
共和党は歳出について協議する用意がある」と発言、
米株が急反発しました。
大倉キャプテンが指摘するように、誰もがリスクとして
捉えている財政の崖問題は下落リスクより上昇リスクとなる、
ということが現実のものとなった瞬間ですが、
まだまだこの問題は続きますね・・・

米国市場が財政の崖問題を懸念したリスク回避ムードと
ならないなか、リスクアセットはいろいろ物色される傾向に
あるのですが、豪ドルはすでに買われてきた経緯があるため、
上値が重く、中国リスクに引っ張られ始めている印象。

中期的には
ユーロが再度買いなおされて上昇する、
円が売られるトレンドは継続する、
という方向で相場を見ていますが、
豪ドルに関しては強気を継続していいものか悩んでいます。。

今夜は7-9月期の米GDP改定値が年率2.7%増となり
速報値の2%増を上回るという発表がありました。
ただし、市場予想平均の2.8%増を下回っています。
あまりマーケットは反応しませんでした。

昨晩(水曜夜)財政の崖早期決着期待でダウが乱高下したり、
金市場で謎の急落があったりと、騒がしかったのですが、
今夜は静かなマーケットです。

どうも今夜は動きそうにありませんね。
ノーポジションで休むことにします。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社