2013年1月21日月曜日


先週末18日はオバマ政権1期目の最期の取引でした。
今日21日に2回目となる就任式を迎えます。
そして、その週末のダウ平均は5年1ヶ月ぶりの高値をつけました。

オバマ政権下でダウ工業株30種平均は71.71%上伸し、
4年間の単一任期期間としてはクリントン大統領の1期目111%以降、
最大の上げ幅だったのだそうです。この4年はリーマンショックからの
立ち直りの期間でしたので、スタートがあまりに悪かったことを
考えれば当然だろうとも思いますが、
それにしても、リーマンショック以前の水準にほぼ近づいている、
ということにはちょっと違和感があったりします。
お金をばらまいた結果の金余りが生んだ水準ですから、
単純にリーマン前の水準と比較して同じレベルにあることを
否定はできませんけれど・・・。

下院共和党が来週、政府の借り入れ権限を
3カ月間延長する案を採決する計画が明らかになり
買いが優勢となりました。
延々延長してればOKなんじゃない?!
凄い名案だねっ。

と皮肉の1つでもいいたくなる流れですが、
先延ばしされることが材料で株価が上がるのですから、
この相場、逆らっちゃいけませんね。

流石に今日の日経平均は
寄り付きこそ窓を開けての上昇で10941.45円を付けたものの
急速に利益確定とみられる売りに下げに転じています。
そりゃ、明日の日銀の金融政策決定会合を見極めたいですものね。

ドル円相場も90.25円まで高値があったものの
その後急速に下落に転じ89円台50~60をウロウロ。

ここ、買っていいかな??
明日の日銀でドカーンと上がる気もしないでもないのですが、
ドカーンと下がるという当たり前の(材料出尽くし)って
相場になる可能性も否定出来ないので、手を出さないことにします。

明日の日銀ですが、追加緩和があれば
2003年5月以来の2会合連続となります。

市場は物価上昇率目標2%を掲げることは
当然として織り込んでいますが、
物価目標に到達する具体的な手段を見極めたいといったムード。

資産買い入れ基金10兆円増といったところでしょうか。
(中には30兆の予想も)
買い入れの期限を定めない「無期限(オープンエンド)で」
という文言が入るかどうかに注目が集まっているようです。

安易に売る相場ではないのですが、イベントで下げてくれたら
買いやすい。皆がそう思っているので、
余り下がらずにこのまま上を目指す、、なんて展開になりそう。。。
だからといって今から買う勇気もなかったりします。

今日はこれから新年会ですが、今夜は雨または雪予報。
このメンバーで集まる時は100%雨なのです。
だれか強烈な雨女(男)がいるんだわ、きっと。
その強烈なパワーを相場予報には使えないだろうか・・・

あ、こんなことを書いていてちょっと思い出したけど、
オバマ政権1期目就任直後って株価凄く下がったよね。
今日2期目就任式・・・。考えすぎ?!

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】


※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社