2013年1月3日木曜日


明けまして御目出度う御座います。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末年始は比較的ゆっくりさせていただきました。
明日大発会となりますが、為替市場は12月31日、
1月2日、3日と動いていましたから、トレードに勤しんでいた、
という方もいらっしゃるかもしれません。
私も大晦日にはドル円クロス円を買うデイトレで
少しばかり餅代を稼がせて頂きましたが、
2日3日はすっかりお正月気分で
トレードする気にはなれませんでした(笑)

さて。懸念されていた「財政の崖」

年は跨いだものの1月1日には合意。
やはりこれはそういう演出だったのでしょうかねぇ。

この結果を受けて2日のNYダウは
308.41ドル高の1万3412.55ドルと大幅な上昇。
そうそう、私31日にダウの売りをひっくり返して買いに
転じているのでいいトレードができています。
為替市場を見ているとどうも崖は全く意識していなかった。
株式市場こそ神経質でしたけれど。
それで、これは合意となれば株が跳ねるなーと思ったのです。

しかし、為替市場、崖合意でも一層はしゃぐでもなく、
どちらかというと「材料出尽くし」的なムード。
一時は(1月2日)ドル円87.35円と2010年7月29日以来
約2年5カ月ぶりの高値を付けたのですが、それ以降じり安気味。
ここから再上昇するか、それとも一服か、
まずは明日の大発会~の東京勢の出方と、
雇用統計を見極めるってとこかな。

1月1日の崖合意内容

■富裕層(世帯収入45万ドル超、個人は40万ドル超)に対
する[ブッシュ減税]打ち切り。
個人所得税の最高税率を35%から39.6%に
■キャピタルゲインと配当課税の税率を引き上げ。高所得
世帯向け医療保険の新税と合わせると税率は23.8%に
■世帯収入45万ドル以下はブッシュ減税を恒久化。
4人家族のモデルケースで年2200ドルの恩恵
■遺産税の税率を35%から40%に〈一人当たり500万ド
までの遺産は非課税)
■200万人の失業者に対し緊急失業保険給付の1年延長
■連邦歳出の強制削減開始を2力月延期
■10年で6200億ドルの税収増
■メディケア(高齢者向け公的医療保険)患者を
 診療する医者への報酬削減を回避

先送りした大型懸案
■10年で4兆ドル規模の財政赤字削減策の大枠はまとまらず
■債務上限の再引き上げも2月末までが協議のヤマ場
■社会保障の抜本改革など歳出削減策具現化出来ず

上記先送りされた問題については2月下旬の改選後の審議会で
再び深刻な党派対立に直面する恐れがあるとされています。

また、給与税減税の失効と富裕層向けの所得税増税によって、
2013年1-3月期の米国の経済成長が鈍化すると予想されるため、
米株買いが続かないと見る向きも。

それから今日3日ユーロが弱いです。
別に欧州から何かネガティブな材料が出たわけじゃありません。
「まとまったユーロ売りのフローが持ち込まれた」ですって。
また長かったレンジ圏に落ちてきたような・・・。
12月の独失業者数が前月比で3000人増加、
市場予想平均の1万人程度増加より強い結果となったのですけれど・・・。

明日は早速米国12月の雇用統計が出てきます。
失業率予想は7.7%と11月と変わらず。

NFP(非農業部門雇用者数)は前月比+15万人
(最大予想+22.5万人、最小予想+8.0万人)と
11月の+14.6万人を上回ると予想されています。

雇用統計でどれだけドル円が動くでしょうか。
11月中盤からは日本の政局、政策期待主導での
相場でしたので、あまりアメリカの指標が注視されていません。

NFP20万人越えのポジティブ・サプライズなら
90円を目指す展開、10万人未満のネガティブ・サプライズなら
85円に向けた反落、、、というような予想もあるようですが、
どうも、現在のセンチメントで雇用統計にそれほどの
インパクトがあるのかどうか疑問なとこでもあります。

この相場、財政の崖も合意?!で材料出尽くし
ここから一旦大きく調整があるのか、
トレンドは年末相場から継続していて、
ただの押し目なのか、まだちょっとシナリオ構築できません。
流れに乗るなら押し目買いかなぁ。。。
まずは明日の相場を見てみましょう。
日経平均はご祝儀で大幅高!って感じかな。
だったらドル円ここから拾ってデイトレで買ってもいいかも
しれませんね。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社