2013年1月7日月曜日


雇用統計発表の前日3日に
87円前半でウロウロしている時にブログを書いて
4日のマーケットはご祝儀で株高、ドル円上昇かなぁ、
なんて書いていましたが、
ほんと、素直に買っときゃ良かったって流れですよね。
ここんとこずっとそう(笑)

大発会は幸先の良いスタート。
日経平均株価は終値比292円93銭高
1万0688円11銭。11年ぶりの上昇幅。
ドル円相場も流れに乗って88円台。

雇用統計、良ければ今夜にも90円・・・?!
という勢いでしたが、ADPが良かったからでしょうか、
数字自体はそれほど悪いわけじゃないのですが
ドル円クロス円は一時急落となりました。

非農業部門雇用者数は15.5万人(予想15万人)
失業率 7.8% (予想7.7%)
12月分の米雇用統計、内容的にはちょっと期待より悪かった?
ドル円相場、発表後は急落(円高)になる瞬間があったのですが、
大方値を戻した水準、88円台で先週末はNYクローズとなりました。

というのも失業率こそ悪化しているように見えますが、
中味を吟味すると、失業率を算出する際の分母となる
労働人口が前月から19.2万人増加しているのです。
(労働参加率は前月と変わらずの63.6%)

失業者自体は16.4万人増加ですが、、、、、
就業者は2.8万人増加、
非労働力人口は1.6万人減少。

つまり、労働市場に再参入する人が増加していることが
読み取れます。
表面的に失業率が0.1ポイント悪化したという部分だけを
クローズアップすれば、このままドル円売りで
円高にかけてもいいのですが、総合的に見ると、
ドル円を売る内容ではないのですよね。

そして先週最もインパクトがあったのは
雇用統計よりむしろFOMC議事録でした。

昨年12月11-12日開催のFOMC議事録。
複数(の委員)が、バランスシートの規模への懸念を示し、
2013年末より相当前に買い入れペースを緩めるか、
停止することが恐らく適当と考えた」と指摘していたことが明らかに。

えーこの間QE3実施したばかりなのに。。。
もう出口へ言及し始めた委員が出てきたとは( ̄□ ̄;)!

議事録からタカ派のトーンがうかがえたとして、
ドルが買われたのです。
引き締め=ドル安終了の思惑ということです。

つまり、ドル円相場には
アベノミクスによる円安と
米国の早期引き締め観測によるドル買いとの
両輪からの上昇材料が揃ったということ。

議事録が出たのが3日深夜。
雇用統計が出たのが4日夜。
雇用統計発表後一瞬ひるんだものの
再上昇の兆しを見せているドル円ですが、
値ごろ売りは大変危険な状況となってきました。
アベノミクスへの期待が剥がれてきても
米国景気回復による引き締め観測が今後の
柱となってドル円相場を牽引していく可能性が出てきました。

90円なんてもう目前です。
年内100円も案外早いかもしれません・・・。

しかし、これは現在の状況。
思わぬところから思わぬ材料が飛び出して
急落のリスクを孕んだ相場展開だと思っています。

意外にイタリアあたりが波乱のトリガーじゃないなぁ・・。
でもそれは、そういう材料が出てからの話。

今はそんな妄想だけでドル円を売ってはダメね。
素直に乗るしかないのです。

今週はチャンスがあればドル円、クロス円を拾って、
このバブルに乗るしかないでしょう。
人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】


※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社