2013年1月8日火曜日


昨日ユーロドル売っちゃったのに(´・ω・`)

今日ユーロに買い材料が、なんと日本から飛び出しました^^;

麻生財務大臣の発言がユーロ買い円売りに繋がったのです…。
こういうユーロ買いもあるんだってこと、想像できなかったなぁ。

■「欧州安定メカニズム(ESM)が資金調達のために発行する債券を
日本の外貨準備を活用して購入する」と麻生さん。
財務省幹部は「早ければ8日にも購入を実施する公算が大きい」
との見方を示しています。

ESM債の購入は行き過ぎた円高の抑制につながるとみられており、
この発言を受けてユーロ円が急伸しました。
でも、一時的な動きに終わっていますね。
これが継続したユーロ買い材料となるほどのものではないのですが、
今、日本の要人が何か話すと異常な程に反応する地合いであることは
変わっていないようです。ヘッドラインリスクは常に付きまとっている
相場だということを思い知る動きでした。

そうでなくても、昨晩売ったユーロは今朝起きてみたらなくなって
いたんですけれどね(笑)売るならドル円でした。。。
ユーロドルはロスカットです。

ドル高となることが今回のユーロドル売りの理由でしたが、
昨日あたりから調整気味の地合いとなっており、
ユーロが巻き返され、そして円も巻き返されています。
それほど大きな動きではないものの、
参入のタイミングとしては最悪でした。。。
トレンド休憩の時にトレンドに乗ろうとしたわけですものね。


昨日のNY市場で米株も下落、日本株も流石に買いの勢いが止まり、
調整基調が強まってきたか?という中で、ドル円相場も
今朝、87円23銭まで下落していました。
つまり、先週末金曜日の雇用統計発表後の安値を割り込んで
しまっているのですが、かといってスコーンと気持よく
下がるでもなくレンジ相場が続いています。


今日8日は、安倍政権は経済政策の司令塔として新設した
「日本経済再生本部」の初会合が開催されました。

昨晩、毎日新聞の電子版が
「物価上昇率2%目標の導入について日銀は達成時期を明記せず、
具体的な制作手段にも踏み込まない」と報じたことが
朝方蒸し返される格好で、87.23円までの円高が進行した、とも見られています。

ここからのドル円相場は
21-22日の日銀金融政策決定会合での物価上昇率目標2.0%が
本当に盛り込まれるのか、政策協定や共同文書などがどのような
内容となるのか、具体策などに目が向けられていくでしょう。

更なる買いを入れる前に85円台くらいまでの調整があれば
解りやすいのですが、なかなか崩れてこないのがやりにくい。
そう解りやすい形での押し目はないのかしら・・・。

でも、こんなネタ(円高リスク?)もあります。

米無線通信会社クリアワイヤの株主クレスト・ファイナンシャルが、
ソフトバンクによるスプリント買収を阻止するよう
米連邦通信委員会に求めたというニュースがありますが、
これ、円高要因になるかもしれないんですね。

もし、本当に買収が阻止された場合、
買収金額200億ドルとも言われていますが、すでに購入済みの
ドルが売却されることになる可能性が。
どの程度ドルに替えているのかわかりませんが、
買収がなくなればそのドルは円に戻すということですね。

また昨年10月以降で10%円安が進むというペースとなっていますが、
このペースで円安がどんどん進んだ場合、
輸出企業が同じペースで業績拡大するとは限らないとの指摘も
出てきています。行き過ぎた円安はこれまでの円高に耐えうるように
構造的改革を行なってきた輸出企業にとってもデメリットである、
という見方ですが、そうなってくると、
今度は政府日銀が円買介入をする日も来るのかもしれません((((;゚Д゚))))

それから米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズが
「日本のリフレ政策による景気浮揚にはハードルがまだ多い」
「デフレ克服に向けた過去の日本の行動は十分でない」
などの見解を示して遠くから石を投げているようですが、
今のところ目立った反応はないようです。。。。

ひとまずレンジ相場にはいっちゃった、って感じかな?!
ユーロドルは早々に撤退して再び様子見ですーー

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社