2013年2月5日火曜日


週明け月曜日(2月4日)ドル円相場は夕方18時台に1ドル93円台に乗せました。
東京円建て先物金価格も1g5000円の大台乗せ。

おおー雇用統計後の安値が最後の買い場?!と喜んだのも束の間。
食事会を終えて帰宅してみれば、相場は行って来いで
93円台は短命に終わっています。

どうせ上がるんだからとドンと構えてりゃいいのですが。
節分天井とは言ったもので、一旦この相場の高値を見た可能性も。
いよいよ相応の調整があるかな、という気もします。

というのも、ダウ平均も14000ドルの大台乗せで一旦達成感がある感じ。
今夜は12月米製造業新規受注を材料に下落しています。

もし、14000ドルが一旦の目標達成で相応の調整があると考えるなら
黄金分割で11月16日の安値12450ドルから14020ドルの38.2%押しが
だいたい13430ドルくらい(ざっくりです)
500ドルくらいの調整があるかも、って教科書的には計算できます。

同じようにドル円相場も
11月の安値からの今回のトレンド93円台の高値をとって黄金分割すると
38.2%は87.80円くらいまでの調整があるかも~なんて見方もできます。
今年1月の窓開けスタートからの上昇だけをとって計算すると
90.25円くらいかな。90円手前までの調整ってことになる。

これはあくまで「節分天井」であった場合の
教科書的な綺麗な調整があったと仮定した際の目安ですので
ここまで下がる、というものではないのですが、
可能性はある、ということで、フィボナッチラインは引いておいてます。
(黄金分割とフィボナッチは同じ意味です)

だからといってポジション変えたりはしませんけれどね。
90円台後半で買ったドル円ロングは継続。
下がらないで再上昇する可能性だってあるんだもの。
下がったらまた買い足すまでよね?!

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社