2013年2月28日木曜日


ドル円がすっかり上昇の勢いを失っているのですが、
かといって深押しとなるわけでなく小康状態。
94.55円(シドニー時間には77銭)を付けた
黒田次期日銀総裁人事の高値からイタリア総選挙の結果を受けて下落した
90.85円の50%戻り92.74円でピタリと頭が押さえられているものの
すっかり小動きとなってしまいました。

それなのに日経平均は大幅に上昇しちゃってる。
今日は305.39円高の11559.36円。
ダウがまた14000ドル回復しちゃってるんだよね。だからだね。

米株しつこいなあ。インデックス売ってるのに(ぶつぶつ)
「失業率は2016年まで6%台まで回復しない可能性がある。
現在の金融緩和政策で経済を支援する」ですって。
2016年まで緩和解除なしの思惑広がる・・・か。

ってか、先日26日で上院で行った証言とほぼ同じってことらしいけど
これを受けて26日は金が大きく反発したものの、昨日は反応なし。
株は175ドルも上げた。これを受けて日本株も高いってことかしらね。
為替は今日は動いていないもの。

野村の日本株投信の設定による先物市場への買い需要ってのも
あったみたいだけど、
これで日経経平均は月間ベースで7ヶ月連続の上昇。
小泉政権時の05年5月から06年1月に9ヶ月連続って記録があったけど
それに次ぐ連続上昇でござる。

しかし、明日は3月1日。強制歳出カット発動でしょ。どうなってんのかしら。

「オバマ大統領は与野党の議会指導者と会合を持つ予定だが、
強制歳出削減の回避は断念したとの見方が広がっている。」
ってコメント読んだけど、それでも上がっちゃう株。
これ織り込みなのかしら…?!

ダウ平均の行方は気がかりですが、今夜も高いならショートは撤退だわ。

ユーロ円のショートは継続保有。
昨日買ったユーロオージーはデイトレでやめました。
1.2833で手仕舞い。ちょっとは利益になったわよ。

ユーロはイタリアが緊縮路線を変更せざるを得ない結果となれば
OMTによる救済ができなくなるのね。それを昨日西原さんにきいて、
そりゃエライことじゃないか、と思ってユーロロングはリスクだと
思いまして。もっと戻る可能性もありますが、
持つならショート方向だな、と思い直しました。
だからユーロ円ショートはOK、残してあります。
昨晩はイタリアの入札が無事通過したことでユーロ戻っていますが、
戻り高値を売る戦略でいいのではないでしょうか。

そしてポンドも売り目線継続につき
今日140.18円で打診売り。4時間足の一目とRCIの売りサインに
したがって売ってみたけれど、うまく下がらないなら一度撤退して
再度売り場探しとします。

戦略は ユーロ売り、ポンド売り、ですが、
ドル円だけは大きな下落があったら(90円近辺とか)買い出動。
なかなかうまくはいかないんだけど・・・^-^

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】





※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社