2013年2月6日水曜日


やはり白川さん前倒し辞任の報を材料にしているんでしょうか。
今日の日経平均は300円超の上げ幅です。
白川さん辞任報道は昨日夕刻でしたから、昨日の東京市場は
これを織り込んでいなかったんですよね。昨日は200円強の下落でした。
しかし、昨日の下落を帳消しにして尚上がっている・・・。

東京市場が織り込んでいなかった分、明日の日経平均は上がるだろうと
昨日の夜に株365で日経平均を買い増ししました。
このまま14000~15000円くらい行きそうです。
下がっても、そこは買い場になるんだから、いつ買ってもいいや。
って気分です。資金管理さえちゃんとしておけばいい。

これはドル円も同じですね。
ほんと深押ししないで上がってしまいます。

今日既に1ドル93.90円近辺まで上昇しているので
この勢いだと95円達成しないととりあえず終われない感じ。
それももう今週にでも、という流れでしょう。
95円達成後は流石に2~3円調整あるかもしれませんが、
それでも、この相場が終わってしまうというような
下落にはならないでしょうから、買ってじっと持っているのが
正解でしょう。その後はきっと100円を目指すからです(多分)

大倉さんが昨年から指摘している円安ロケット第3弾が
日銀総裁人事でしたが、これが既に始まっているのですね。
リフレ派が新総裁になるでしょう、ということを
既に折込始めているのですが、まさか
「白川さん前倒し辞任」が
材料でコレほど上がるとは思いませんでした。

だって、わずか1ヶ月ほどしか違わないんでしょ。。。
任期を待たずに辞するということは確かに驚きですけれど、
だからといってそれほどマーケットが喜ぶような違いは
無いはず。せいぜい4月の日銀では新体制で思い切ったことが
できるというだけのことで、その時期が早まったってことくらい。
あ、だから先に先に織り込もうという動きなのか。
すごいなー・・・
市場を見ていると、とにかく先読み先読みが大事なんだ、
ってことを思い知らされます。

その市場よりも更に先を行っているのが大倉キャプテンなのですよ。
本当にその千里眼的ディーラー目線は尊敬します。
この相場、去年から指摘していたんですもの。
円安加速第3弾は日銀総裁人事。買って持ってろ!!って
繰り返しセミナーでもアドバイスされ続けています。

今週はECB理事会。
利下げはないとの見方が大勢。

ECB関係者が「ユーロは金融政策の行動を促すほど高い水準にはない」と
発言したという報道が出て、ユーロも更に買われています。

格付け会社フィッチがオランダの格付け「AAA」の見通しを
「安定的」から「ネガティブ」に引き下げたのですが、
市場はあまりこれを材料視していません。

とにかく今は「買いたい相場」なのでしょう。
ネガティブ材料は手仕舞いのキッカケくらいにしかなっていません。

ユーロの巻き返しと円売りが今一番HOTなテーマだとするなら
ユーロ円の上昇が一番期待できる。。。という発想で
昨日、ユーロが急伸したところを途中飛び乗っています。
ユーロ円125.60円ロング。
130円ターゲットで保持予定。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社