2013年3月18日月曜日


キプロスショック?!
日経平均は340円安。久しぶりの大幅安です。
ドル円も窓を開けて94円台へ円高へと下落してスタート。
しかし、イタリア総選挙後のような大陰線とはなっていません。

だいたい、キプロスってどこよ?
何が問題なのよ。。。って方も多いと思います。
イタリアやスペイン、ギリシャならさんざん聞かされたリスクですけれど
キプロス?!報道によるとEUのGDPの0.2%程度の小国。
これが今後も影響を及ぼすの?

リスク回避のきっかけは週末に出たこのニュース

キプロスの銀行預金者に課税―100億ユーロ支援の条件
http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323893104578365311916785562.html

キプロス政府はユーロ圏とIMFから100億ユーロの金融支援を
受けることで合意した。(ふむふむ)

金融支援の条件としてキプロス国内の銀行の預金者から税金を徴収する。
税率は10万ユーロを超える預金口座については9.9%、
10万ユーロ以下の口座は6.75%。
徴収税額は58億ユーロに上ると見込まれている。課税は1回のみ。

え?!銀行預金に税金がかかっちゃうの?!
しかも預金に対して。突然にです。
このニュースを受けて預金者が銀行の店舗に列をなしている。。。
つまり取り付け騒ぎが起きているというのです。

これまでギリシャやポルトガル、スペインなどの金融機関への
救済がありましたがこんな条件がついたことはなく、
支援合意はポジティブ材料、ユーロ買い要因でした。
しかし、キプロスには一般の預金者にも痛みを伴う条件が
課せられたのですから、市場は驚いたというわけね。

キプロスはタックスヘイブンになることを目指したことで
ソ連が崩壊後、ロシアの富豪層がマネー・ロンダリングするために
キプロスにペーパー会社を設立するということが流行ったのだそうです。

この影響でキプロスの金融機関に預けられている合計700億ユーロのうち、
ロシア人の預金が200億ユーロを占めているとされています。

キプロスの金融危機の真実(小笠原 誠治さんのブログに詳しいです)
http://bylines.news.yahoo.co.jp/ogasawaraseiji/20130318-00023930/

つまり、キプロス支援というのはEUに加盟していないロシアの金持ちを
助けることにつながる、しかもマネロン、税金逃れしてきた資金を保護
することになりかねないから、こんな条件がついたと指摘されています。

それにしても大口預金者だけでなく小口の一般預金者にまで
税金を課すとは、かなり厳しい救済条件ですね。。。

キプロス議会は支援策の採決を今夜18日日本時間深夜1時から行なう予定
でしたが、明日以降に見送りとなった模様。

19日からの適用も、とされていましたが先延ばしになっています。

ドイツ地元紙の記事には
「ユーロ圏はキプロス救済の条件修正を検討」
「10万ユーロまでの預金を対象外とすることを協議」
などと報道されている模様です。報道されている内容での
支援採決となれば、一層のユーロ売り、リスク回避となるかと思われますが、
この条件が変更される可能性も出てきています。

10万ユーロ以下の預金の課徴金を預金額の3%に引き下げ、
10万ユーロ超の課徴金を同12.5%に引き上げる案?!
キプロスが支援合意の修正急ぐ、議会採決延期・預金者に動揺広がる
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE92G01420130317?rpc=188&sp=true
 
こうした修正案報道を受けてユーロは下げ止まって若干買い戻されています。

ここ数日はキプロスを巡る報道に注意が必要ですが、
さて、この下げは絶好の買い場として拾っていいものかどうか。

課徴金はキプロスが抱える特殊事情、
マネーロンダリング部分の洗浄を狙った措置にすぎないので
欧州全般に波及するリスクは極めて低く、
それほど心配がないとする見方もあります。

しかしマーケットは「気」「地合い」が重要ですので
単純にこれまでの上昇の利食いが一気に入れば
キプロスの問題とは別にテクニカル的に大きく調整を
いれる可能性だってゼロじゃありませんね。

先週金曜のYMTVで大倉さんに「下がったら買います」宣言をしたばかり。
買いたい気持ちはヤマヤマですが、テクニカル的にはもっと下げても・・・
あ。またこんなこと言ってる((笑)

とりあえず、94.96円で軽く拾ってみました。
94.30円近辺(今日の安値)を割り込むようなら手仕舞いでしょう。
日経平均のインデックス、株365CFDも軽く拾っています。

調整長引く展開になることも否定できません。
そういう下落が来たらすぐ逃げます!

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社