2013年3月25日月曜日


週明け月曜、ユーロは上昇してスタートしました。
122.50円近辺から123.80円近辺まで1円ちかくユーロ円が上昇。
ユーロドルもギャップダウンして始まりましたが、
東京時間は1.3046ドル台まで上昇。

材料はコレ。

キプロス大統領とEU、支援策の大枠案で合意=関係筋
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE92N01H20130325


日経平均も今日は200円強の大幅高。
なーんだ、キプロス問題もたいしたことないね、
結局リスクオン回帰じゃない、、、と安堵したかと思ったら
大引け後から為替が崩れだしました。

というか、ドル円相場は寄り天なんですね。
日中の日本株価が強いのは為替関係ないんじゃ....
年度末・期末週にもかかわらず本邦実需のフローは閑散のままだそうで。


まだまだ安心できません。
ドル円もユーロ円も上がりきれず。

コチラが日中入ってきている続報。
キプロス支援策、国内2位の銀行閉鎖と大口預金者負担で合意
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE92O01A20130325

国内2位のキプロス・ポピュラー(ライキ)銀行を閉鎖し、
預金保険対象外の大口預金者に大幅な負担を求める内容。

ということですが、一説には大口預金者40%もの負担を求めるとか
伝わってきていますが、20だ、40だ、と情報が錯そうし
正確にはまだよくわかりません。

アジア系ソブリンからの売りが観測されたとかんなんとかで
リスクに警戒するムードが強まっているような気もしますね。
大口預金者って、ロシアの富豪をターゲットしているようなものですから
ロシアがどう出るか、って懸念もあります。

3月25日号のバロンズには
ロシア政府のWEBサイトにはプーチン大統領が
「不公平で素人的で危険な案である」とこの預金課税について
非難している、と書かれています。
このコメントの行間に秘められて意味は穏やかではない?
との緊迫した見方もあるようで、2元的な意味を帯びているとし
甘く見ない方がいいとする内容の記事が掲載されていました。

例によって「欧米勢の出方を見ないと…」的なコメントも
多くて東京勢は手動してこの相場の先行きを見通せずにいますが、
さて、ここから欧米勢はどう出てくるでしょうか。

ダウの変化日ではありますが、
転換ではなく加速?との見方もあり、
サイクル、アストロロジー分析からみた今後のマーケット
http://blog.radionikkei.jp/trend/date/20130322/

安易に売り仕掛けるのもリスクが高いかと感じています。
今夜は食事会につき、相場が見られないので
ノーポジ。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社