2013年3月21日木曜日


FOMCは金利据え置き。
月額850億ドル規模の米国債などの買い入れ維持も決定。

これは予想通り。

でも昨日夜は、ドル円96円台まで上昇しましたね。

ダウも大きく戻り、これに連れたという動きだと思うのですが、
米10年債が0.5%もの大きな上昇となっていました。

声明とバーナンキさんの記者会見を受けてってことでしょうか。

量的緩和政策の見直しを巡って米景気・雇用の「持続した改善」が
確認されるのが大前提だと強調。
市場の早期引き締め観測を否定した格好となり、
これが好感されたようです。

ただ、1月会合では「昨年終盤から足踏み状態」としていた米経済について
「穏やかな回復軌道に戻った」と足元の景気認識は引き上げていますし、
証券購入規模を「現行の枠組み内で変更できる」と述べるなど、
将来の出口論には含みを持たせたと解説されています。
ただ、将来ってずっと先なんだろうなーだから今はまだまだ
株を買っていいよね!って反応でしょう。
米債が売られたのもそうじゃない?

米国イベントは終わったとして。
日本は黒田新日銀総裁の新体制スタートに注目。

日経平均も大幅高。
やはりキプロスショックは買いでした。
日経平均株CFDもドル円もキウイ円もロング保持。

あとはどこで売り抜けるかいよいよ短期的クライマックスが
近いのかもしれません。

春の乱の前にどこかで利食って、
夏前に再度買い直す。って感じで見てます。
大倉キャプテンと同じ!

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社