2013年4月3日水曜日


今日の株式市場の動きにはびっくりしました。
日経平均株価は大幅に反発、
358円高ですってよ。

上げ幅は2月6日(416円高)以来、今年2番目の大きさです。

明日の日銀にやはり期待があるってこと?
昨日までで400円くらい下げていましたが、
それはなんだったのかなー。

明日の日銀に向けての神経質な値動きについていけません。
ただ、ユーロ円のショートは昨日締めていたのでセーフ。

というか、昨日のダウも高かったのよね。
またもや史上最高値更新です。
ダウがレンジを上にブレイクしたことから新天地入り。
これは売っている場合じゃないでしょうーってムードもある。

ただ今日は350円高とはいうものの、
ファストリ(ユニクロ)がなかったら日経平均は170円高程度。

日経平均寄与度の高いユニクロは、今日3月既存店売上高が23.1%増だったと
発表したことで急伸、年初来高値を更新したことで
今日はファストリ1銘柄で日経平均を174円押し上げ、
今日の日経平均の上げ幅の約半分に寄与した計算。

ファストリ除いて170円高でも凄いかな。。。

後場、明日の日銀金融政策決定会合で大胆な追加金融緩和が打ち出されるとの
思惑を手掛かりに、株価指数先物や主力株に断続的な「先回り買い」が入った、
という解説もありますが、ほんとこればっかりは蓋を開けてみないことには
わかりませんね・・・。


ドル円相場は、昨日までの日本株の下落で1ドル92.65円まで円高が進行していましたが、昨晩から持ち直し、今日は93.50円前後で推移しています。
昨日はダウが史上最高値更新したので、ドル高だったのでしょうけれど、
明日の日銀みないと方向が見えません。

今週は、明日の日銀の金融政策決定会合や、ECB理事会、そして週末の雇用統計と注目イベントが多いのですが、日銀の金融政策決定会合を前に、ドル円相場が92円台まで崩れてきたことから、明日の日銀への期待は相当織り込まれたため、事実売り、もしくは失望売りとなるのではないか、とした見方も出ていたわけで。。。

今夜はこの後ADP雇用統計、前哨戦です。ドル円動くかな??

週末の3月の雇用統計は NFP+20.0万人予想。

 
そしてキプロス問題にゆれるユーロ
今日夕方IMFラガルド専務理事が
『キプロスと10億ユーロ規模の支援で合意』することを明らかにした、
というニュースが流れ、
ユーロドルは1.2835ドルまで、ユーロ円は120円20銭前後まで上昇しています。

キプロスに必要なのは100億ユーロ、そのうち10億ユーロをIMFが支援合意です。
富裕層のヘアカットと合わせて100億ユーロになるのかしら?

それでもユーロ上昇は続いていないですね。
すぐにダレてきちゃっています・・・。


キプロスの次はスロベニアとの話もあり、
ユーロの不安はまだまだぬぐえない印象。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MKNN1J6S973801.html

今夜もノーポジです。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社