2013年5月17日金曜日

これだけ悪い指標が続けばもっと崩れてもいいものですが…
ダウも崩れる風でなく、ドル円も101.80円までの下落でサポートされています。

昨晩(16日木曜)の

・米フィラデルフィア連銀・5月製造業景気指数(フィリー指数)は
▲5.2と4月の1.3から悪化!市場予想は2.0。

・新規失業保険申請件数が36万件と市場予想平均の33万件程度より弱い結果。

・4月米住宅着工件数は85万3000件と前月比で▲16.5%、市場予想(97万件)

その前の晩(15日水曜)も

・5月ニューヨーク州製造業景気指数が▲1.43、市場予想は+4.00

・4月米鉱工業生産指数前月比▲0.5%、市場予想▲0.2%を下回る。。。。


順当に考えればもっと売られてもいいはずです。
何が支えているんだろう~ダウ平均。

ドル高の流れも止まったようには見えません。
一方的ではなくなっており、値幅のあるレンジに
入ったような感じですね。

「高値波乱?!」で下落の前触れというようにも見えますねぇ。
これはダウもドルも崩れた時が怖いなぁ、という気がしますが、
かといって、ドル円ショートで臨みたくはないのよね。


ドル円ロングのポジションは継続。
今日は0.9867ドルでオージードルのショートも追加しています。

Sell in mayはそろそろやってくるのか?!
イケイケどんどんの相場には違いありませんが、
壮絶なふるい落としが入る可能性は否定できないですよね。

そのリスクにもそなえつつ、
大きな流れには逆らわず、のポジションを温めながら
寝ることにします。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】


※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社