2013年6月21日金曜日

あららら、売りボウの私としたことがダウの下落を売りそびれましたよ。。。
まさかFOMCバーナンキ氏発言当日でなく
2営業日目にこんなに反応が大きくなるとはねぇ。


ダウ工業株30種平均は前日比353ドル安と、今年最大の下げ幅を記録。
終値で節目の1万5000ドルを下回り、約1カ月半ぶりの安値を付けました。

ダウが下げれば金が上がってもよさそうなものでしょ。
逃げた資金の行き場として。。。
しかし昨晩は金も大きく売られました。
金は1300ドルを割り込み約2年9カ月ぶりの安値に沈んでしまいました。
勿論4月の暴落時の安値を割り込んでいます。

緩和の早期縮小への懸念を背景に金も株も、、、、
そして債券も売られてしまい「相関性」は崩壊した状態なんです。。

それなのに、今日の日経平均ときたら!!!

朝方は下げ幅が300円を超える場面もあったのですが
後場中ごろに上げに転じると、上げ幅は一時300円を超え
結局プラス圏で終わりました。

まさか、、とは思いましたが、またまた
先物への仕掛け的な大口買いが現物株の裁定買いを誘った形。
投機筋による日経平均先物市場への仕掛け的な動きは
もう落ち着いたかと思われたのですが・・・。

この点だけが気がかりですが、しかし、今日の動きは
日本株が世界的な株安の流れにひとまず歯止めをかけた恰好。
う~ん、強いというべきか、投機筋は何を目論んでいるのか。

今夜のダウが続落となるか、戻りを入れるかに注目ですが、
昨日の下げ幅をみると一度戻っても不思議はないので
後はテクニカル分析でしょうかねぇ。
ダウ平均も一目均衡表の雲の下限を下に抜けてきましたねぇ。
これ、チャート的にはよくないです。三役逆転ですものね。

新興国もダメ、金もダメ、そして米株もダメってことになった時
日本株だけが元気にあげられるかどうか。

とかなんとか言ってみてもダウは売りそびれたし、
今日は日経の戻りで為替もぐいぐい戻ったので
ドル円97.29円でロング97.71円で手仕舞い
豪ドル円と金も買って薄利ではありましたが利食いのデイトレ敢行

チャイナリスクもすぐにどうこういう感じではないので、
結局のところ、金余りのお金はどこかに流れ込んでドカドカと
プチバブルを作っては資金を引っこ抜くみたいな値動きが
続くのでしょう。おそらくそのターゲットが今は日経平均ということで、
それに乗ってドル円をデイトレするスタンスでおります。

ダウなんかは戻りを売りたい気分でいますけれど・・・

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社