2013年7月16日火曜日

あれ~連休でのんびり、、というわけにも行きませんか?
東京市場が休場で大きなニュースもないというのにドル円相場、100円超えです。
一時100.48円まで上昇していますが、これという材料ないですよね。
強いて言えば米長期金利が高いということくらい。

NY時間に入ってからは6月米小売売上高が前月比0.4%増となり、
市場予想平均の前月比0.8%増を下回ったことでドル売りとなり
100.40円近辺から99.75円近辺まで下落していますが、
この休み中にまさかの100円超えです。

これ、水星の逆行中だからでしょうか。
つまり、相場のアヤだと思って見てもいい?!

100円が重くなってくるだろう、、と思われていましたが、解らないものです。
今日はくりっく365株CFDでも日経平均がかなり堅調推移でした。

なんでだろうなぁ。中国の指標は良くなかったのに。。。
4-6月期GDP成長率が 7.5% と2期連続で鈍化が示された中国。

ただし、事前予想通りだった数字だったことや
「予想より弱い内容となる」との噂があり、事前に豪ドル売りが進んでいたため
指標発表後に豪ドルがショートカバーされ上昇するなどの波乱があり、
意外に下げる要因ではなかったことが、他のマーケットにも安心感を
与えたのかもしれません。。。。が、やっぱり水星の逆行のせいかもね。

だとするならば、これは19日まで。
20日からはトレンドが見えてきます。

今週は17-18日にバーナンキ議長の半期・金融政策報告(議会証言)があります。

半期議会証言はヘッジファンドなどのファンドマネージャー達が
今後半年のトレード戦略を構築する上で最も重要視しているイベントなだけに
何を言うのかに注目です。
特に5月22日の議会証言、6月のFOMCで出口に言及していたバーナンキ氏が
7月10日にはいつも通りのハト派のベンに戻っていたので
マーケットはバーナンキ氏の発言に振り回されっぱなしでしょ、ここんとこ。

だから特に・・・なんです。

そして今週末は参院選。

水星が順行に戻るタイミングに、米国の出口論議と日本のアベノミクスの今後を占う
選挙が重なるってことですから、もう、今週は重要な週になってくるに決まってる!

個人的戦略は、バーナンキ氏発言で相場は1回ブルブルに上昇しちゃう。
そこでショート。基本は参院選自民大勝で材料出尽くしの売りがトレンドとなる。
と思っています。バーナンキが緩和的発言をしたからといって、
ダウもここからどんどこ上げていく水準じゃないでしょう。
それに、ハト派発言があったからといって、追加緩和じゃあないんだし、
それこそ、材料出尽くしになる可能性だってある。
(ダウ売ってるからね、ポジショントークです)

ということで、今週の高値を売る戦略でチャンスを狙ってみます。
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社