2013年8月15日木曜日

ひゃー日経平均後場からの切り返し、なんじゃこりゃ。

一時118円安まであった日経平均ですが、引けてみれば183円高。
一体なにがあってみるみる上昇したのかって、
調べてみればフランスのGDPですって?!
http://www.nikkei.com/markets/kabu/summary.aspx?g=DGXNASS0ISS16_14082013000000

確かにいい数字ですが、フランスのGDPがいいからって
日経平均がこれだけの上昇を見せるなんてことはないでしょう(笑)
完全に後付けのニュースかと。

夏休みムードの中、一体何が相場を動かしているのか・・・

って荻野金男さんが教えてくれました。

レバレッジETFですって。

~レバレッジETF(LETF、レバレッジ型上場投資信託)
裏付けとなる株価指数の1日の変動に2倍など一定の倍数をかけた値動きをする上場金融商品。国内では野村アセット・マネジメントが運用するNEXT FUNDS日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信 が代表的だ。~

http://jp.reuters.com/article/wtInvesting/idJPL4N0GE1YD20130813


つまり、商いが薄い中で、海外ファンド勢が日経平均インデックスETFと
日経平均先物間で裁定取引を行っている、ってことみたいね。

ボリュームがない分、これで動いちゃう。

荻野さんは、日経平均がおもちゃにされている、とおっしゃっていました。

こんな動き、読むのは無理~

ドル/円も日経平均に連れて上下しており、今日は98円41銭まで円安進行。

ただ、日経の動きと比較するとそれほど動いてはいません。

98・50円より上にはずらりと輸出の売りが並んでいるとか。
なかなかここを突破するのは難しそうです。

明日は8月15日、米債の償還、利払いが円高リスクを高めると
指摘されていますが、ほぼほぼロールオーバーされるとかで、
あまり意識しなくてもいい、という指摘もありますが、
またしても、海外勢がインデックス市場で大暴れするんでしょうか。

今週いっぱいは本邦勢は夏休みですしね。。。

今夜はダウ平均も15300㌦割れまで下落していますが、
引けてみないとわかりません。

こちらも「見えざる手」が市場を動かしているようです。
テーパリングを巡って下落しそうになると
FRB関係者がハト派発言をして下値をサポート、
結局引けにかけて買い戻されるってな展開が続いていますね。
それにしても、高値は切り下がってはいるのですけれど。

ダウショート、一旦撤退しているので、この際不自然にあげていただければ
もう一度売れるんだけれどな(笑)

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社