2013年8月19日月曜日

ああ…私が今週ダウショートを手仕舞ってから下がっているわね…。

忍耐が足りませんでした、こうな(下げる)ことは
私の中では随分前からのシナリオで解っていたはずなのに
あまりにしつこい後場からの切り返し攻撃に疲れて
一旦やめて、もう一度高くなったところを売り直す所存でした。

ところが、私がショート撤退した夜から続落ですよ。。。(゜-Å)グスン

やられたわけじゃないからいいか。。。

あ、そのかわり、1332㌦でGOLDを買っているので、こちらは良い感じ!!
やはり株が崩れると金が上がりますね。
金はまだもう少し上がると思います、ということは株は・・・。

株も戻り売りの所存です!!

先週は8月製造業景気指数(フィリー指数)が
9.3と7月の19.8から悪化し、市場予想平均の15.0を下回りました。
7月が良すぎだったって話もあるけれど。

7月の米鉱工業生産指数もプラス予想に反して前月比横ばい。

米国景気、そんなによくないんじゃない?ってなムード。

それでもテーパリングは9月のコンセンサスでほぼほぼ一致している模様で
引き締め方向に向かうことは決まっているのに景気が悪いなんて
そりゃマズイんじゃない?ってことで米株が下がっているようです。

大倉さんは、もし米株がなし崩しに崩れることがあれば
テーパリング開始時期は後ろにずれるだろうし、
カタストロフィは起きないって指摘されていますが、
私もそうは思うのだけれど、一度大きな調整がこないかな~
と思っていて、そしてその調整の暁にはまた買い材料が
市場に投入されるのだろうと思っているのですが。。。

さて、先週末は日経電子版ニュースでソロスが米株指数の
プットを大量に購入している、という記事が流れ話題に。

プットとは売る権利。

ソロスファンドマネジメントが14日までにSEC米証券取引委員会に
提出した大量保有報告書で、SP500に連動するETFの「SPDR S&P500」の
プットの保有残高が3月末に比べて3倍の780万口になったというもの。

ラッセル2000指数という中小型株に連動するETFのプットの保有口数も7倍に。

そういえば数日前にソロスがAppleの株を大量に買い増しているという報道が
ありましたが、アップルは長期的に買いでも指数下落のリスクがあると思っている、
ってことでしょうか。備えあれば憂いなしですね、下落しても大丈夫なような
ヘッジをかけているってことのようです。

金の時代終幕か ソロス氏が金売り・アップル買い
http://www.nikkei.com/markets/features/26.aspx?g=DGXNASFL150L7_15082013000000

ソロスが金市場に見切りをつけたかのような記事でもありますが^^;
これは金ETFという形ではそうですが、、、、。

でも金は現状では6月が底で下値を切り上げて反騰中。

ソロスが売って、後はポールソンが売ったら大底かな、と。
ゴールド業界の重鎮、亀井幸一郎さんのブログを見ると、
「ポールソン氏、金ETFの半分を売却」とな。

~持ち分2180万株(67.8トン)のうち53%を売却し6月末時点では1020万株(31.66トン)となっていた。ちなみに3月末で1.65トン(53万900株)保有していたソロスは全株手放していた。ポールソンのほうは、ヘッジのために手放したとしているようだ。下げトレンドが加速する中で半分をキャッシュにしたということか。~
亀井さんのブログはこちら
http://blog.goo.ne.jp/msi021112/e/b7ccc080321fa5ea9d8cfd12576cf824

こんなニュースが出てきて、そして金が下げずに上がってきているわけで
金はいよいよ大底かもしれませんよ。
(とポジショントーク。現在金ロング中)

話しを戻しまして、ソロスの米株指数プット購入。

このニュースで慌てて売るのも危険。
下がることを予見している、との解釈も間違いではないのですが、
下がってもいいようになっている、というだけのこと。
だって現物株でApple株を大量購入しているんだもの。
下げることを確信しているなら現物株も買わないですよね。。。


私はソロスがどうこうというのは気になりつつも、
個人的に金を買い、米株を売りたいのです!(米株はポジションないけれど、、、)

ドル/円も戻り売り、日本株も戻り売り。

ただしそれは今週21日くらいまで!?

↓今週の転換点、8日に注目?!
http://hiroko.yutaka-shoji.co.jp/2013/08/8.html

今週のアストロ特異日には注目しています。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社