2013年9月20日金曜日

さて、ノーテーパリングのサプライズ衝撃、
今夜は落ち着きを取り戻しているようです。

ダウは続伸とはならずです、、、それでも小幅安か( ´・ω・)
今のところ30ドル安くらい。これじゃ調整と言えるほどのもんじゃないなぁ。
昨日の高値でショートしていますが、さてどうなりますか。
昨晩(FOMCがあった夜)は147ドル高で史上最高値更新ですものね。
このまま高値更新でトレンドになる可能性のほうが大きいんですが、
やっぱりどうしても、緩和量継続って米国景気が思わしくないからでしょ、
って気持ちが捨てきれず。はしゃぎ過ぎの反動安を取りたいという○○べ心。

FOMC受けての日経平均はもちろん大幅高でした。
260円高の14766円。
安倍首相が消費増税の前提となる経済対策に法人実効税率の引き下げを
明記するよう指示したことなども支援材料となりました。

日経平均の上昇に連れたのでしょうか、テーパリングなしで
ドル安進行となったために、下落していたドル/円、今日夕刻から
上昇開始、99円台を回復してきました。

もともとユーロ円の132円台ロングを持っていますが、
今日はドル/円も98.32円でロングして、99.36円で手仕舞う
デイトレに成功。結局97.60円台まで落ちてくるのが待てなかった。
このラインが三角持合いの下値サポートラインです。
上値抵抗は100円超えくらいなんですが、ドル/円はこのところ
結局レンジが続いているので、欲張らずに利食い千人力で。

ユーロ円は週足でようやくレンジ上放れでまだまだ行きそうなので
137円台くらいまで忍耐保有の意向。

それから、オージードルが、戻りを入れていましたが、
フィボナッチの38.2%達成でダレてきているため、
一度このあたりで戻りいっぱいかと思い、軽めにショート中。
コストは0.9483ドル。

緩和継続でこのまま米株が上昇トレンドを継続するならば
豪ドルも38.2%ラインを超えてさらに戻ると思いますが、
さて、、、ダウ懲りずにまた売ってみたワケで。。。。
豪ドル売りもつじつまが合うでしょ。

ユーロ円のロングはヘッジってとこかなぁ。。。
こちらは単純にチャートがいいからなんだけれどね。
あ、でも22日、今週週末はドイツ総選挙。
メルケル優位が伝わっており波乱はないようですが、
ん~この9月のイベントってことごとく予想を裏切る結果になっているから、
あまり過信しない方がいいかもしれませんね。
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






メモとして、以下のニュースを記しておきます。

◇「その通り。だが……」の米経済―量的緩和縮小見送りの背景
http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20130919-00000377-wsj-bus_all

◇FOMCメンバーによる 2013-2016年経済予測
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MTC8ZR1A74E901.html
====================================================================
実質GDPの予測中央値     2013年        2014年        2015年        2016年 
====================================================================
9月18日、2013年         2.0% ~ 2.3%   2.9% ~ 3.1%   3.0% ~ 3.5%   2.5% ~ 3.3%
6月19日、2013年        2.3% ~ 2.6%   3.0% ~ 3.5%   2.9% ~ 3.6%      
===================================================================
実質GDPの予測範囲       2013年        2014年        2015年        2016年 
====================================================================
9月18日、2013年         1.8% ~ 2.4%   2.2% ~ 3.3%   2.2% ~ 3.7%   2.2% ~ 3.5%
6月19日、2013年        2.0% ~ 2.6%   2.2% ~ 3.6%   2.3% ~ 3.8%      
====================================================================
失業率予測の中央値      2013年        2014年        2015年        2016年 
====================================================================
9月18日、2013年         7.1% ~ 7.3%   6.4% ~ 6.8%   5.9% ~ 6.2%   5.4% ~ 5.9%
6月19日、2013年        7.2% ~ 7.3%   6.5% ~ 6.8%   5.8% ~ 6.2%    
====================================================================
失業率予測の範囲        2013年        2014年        2015年        2016年 
====================================================================
9月18日、2013年         6.9% ~ 7.3%   6.2% ~ 6.9%   5.3% ~ 6.3%   5.2% ~ 6.0%
6月19日、2013年        6.9% ~ 7.5%   6.2% ~ 6.9%   5.7% ~ 6.4%     
====================================================================
PCE価格指数 
予測中央値              2013年        2014年        2015年        2016年
=======================================================================
9月18日、2013年         1.1% ~ 1.2%   1.3% ~ 1.8%   1.6% ~ 2.0%   1.7% ~ 2.0%
6月19日、2013年        0.8% ~ 1.2%   1.4% ~ 2.0%   1.6% ~ 2.0%     
========================================================================
PCE価格指数       
予測の範囲              2013年        2014年        2015年        2016年 
=======================================================================
9月18日、2013年         1.0% ~ 1.3%   1.2% ~ 2.0%   1.4% ~ 2.3%   1.5% ~ 2.3%
6月19日、2013年        0.8% ~ 1.5%   1.4% ~ 2.0%   1.6% ~ 2.3%      

=======================================================================
PCEコア価格指数   
予測中央値              2013年        2014年        2015年        2016年 
=======================================================================
9月18日、2013年         1.2% ~ 1.3%   1.5% ~ 1.7%   1.7% ~ 2.0%   1.9% ~ 2.0%
6月19日、2013年        1.2% ~ 1.3%   1.5% ~ 1.8%   1.7% ~ 2.0%        n/a
=======================================================================
PCEコア価格指数   
予測範囲                2013年        2014年        2015年        2016年 
========================================================================
9月18日、2013年         1.2% ~ 1.4%   1.4% ~ 2.0%   1.6% ~ 2.3%   1.7% ~ 2.3%
6月19日、2013年        1.1% ~ 1.5%   1.5% ~ 2.0%   1.7% ~ 2.3%      
========================================================================

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社