2013年9月23日月曜日

キター!! ダウ平均下がってきましたわ~

前回の下落の時も長らく売っていて、なかなか下げなくて
しびれを切らして買い戻した途端にズルッと下げたという苦いトレードでしたが、
今回は割に早く落ちて来た。

18日のテーパリングなしの結果を受けて、
急激に進んだドル安、株高、金高ですが、
その勢いも2日後には緩んできたって恰好です。

1375ドルまで急騰した金価格も1325ドル近辺と50ドルも下げてしまいました。
そしてダウ平均は15709ドルまで上昇し、史上最高値を更新していたのですが、
金曜は▲185ドルも下落して15,451ドルに。
出来高も急増しており、相場の転換となる可能性も。
http://www.bloomberg.co.jp/apps/cbuilder?T=jp09_

15600ドル台で売ることができていますので、今回は見事大きく取れるかも!
(何度も売ってはやられて撤退してきましたが^^;)

しかし、米株が下がるとなると、日本株はどうなんだろう。
テーパリング延期で米国債金利が下げてきています。

これでドル安が急激に進みました。
ドルインデックスはこの通り。
http://stockcharts.com/freecharts/gallery.html?$USD
今年は日米の金融政策が真逆となるだろうから、金利差拡大で
ドル高になる、ってのが大方の予想だったけれど、
インデックスは結局はレンジじゃない。
というか足もとでは大幅なドル安ですよ…。

しかし、ドルインデックスがこれほどドル安になったことからみると
ドル/円はそれほど円高になっていないともいえる。
これは、米国サイドからの材料だけじゃなくて、
日本の側からの円安の材料も下支えしているってことかな。
貿易赤字とか、アベノミクスへの期待とか、そうそう、日銀が動くなんて
見方もあるようです。豊商事経済セミナーin横浜にて岡崎良介さんが
日銀の追加金融緩和がある可能性について言及されていました。

次のセミナーは今週、宇都宮であります。
http://www.yutaka24.jp/spseminar/utsunomiya20130928/index.html

岡崎さん、川合さんの見通しは非常に勉強になりました♪
まだ申込みできるかな?!近隣の方は是非。

しかしドル/円はすっかりレンジです。
レンジ内でいるうちは逆張りで短期トレードがいいでしょうか。
しかし、クロス円では円安が進んでいますので、
132円台ユーロ円ロングはまだ継続保有中。
目標137円台。
クロス円が崩れてきたときにはドル/円も崩れちゃうなぁ。
これだけクロス高でもドル/円レンジでうだうだしているんだもの。

今後日本株と米株は逆相関になる可能性があるとのこと。
日本は異次元緩和スタートしたばかり。アベノミクスの成長戦略や
オリンピックなど、ここからの景気浮揚政策はたくさん出てくるでしょう。
日本株は下がったら買い。
米株は戻ったら売りで行こうかなと思っています。

※今日気になったニュース

官房長官、消費増税「正直なところ総理は決断していない」
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL200P9_Q3A920C1000000/
2014年4月からの消費税率引き上げを安倍晋三首相が決断した、
との報道について「正直なところ、総理は私は決断してないと思う」

(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

一体どっちなのよ~
 だって、19日はこんな記事載せてましたよ。

消費税来春8%、首相が決断 法人減税決着 10月1日に表明
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1900E_Z10C13A9MM0000/
安倍晋三首相は来年4月に消費税率を8%に引き上げる方針を固めた。
って書いてあるのだけれど・・・。
 
これで、なーんとなく市場は
「消費税増税と法人税減税セットで10月1日短観が出た後発表がある」
ってことがコンセンサスになっちゃってるでしょ。
9月はこうした「コンセンサス」が裏切られる結果になることが多いけど
(シリア軍事介入なし、オリンピック東京へ、テーパリングなし)
まさか、、、消費税導入決定まで予想を裏切る結果になるんじゃ。。。('A`)エー

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社