2013年10月22日火曜日

日本株強いなー。週明け月曜は132円高、14693.57円。

先週末のNYダウが28ドル高で崩れることなく終えていたこととか、
ドル/円相場が98円台に乗せてきて円安気味であることが好感されたって
解説になっているけれど、それに加えて
ここから本格化する4~9月期の企業業績への期待が織り込まれつつある
ってことも相場を支えているようですね。

今日、日銀は都内の本店で支店長会議を開催し、
「地域経済報告(さくらリポート)」を公表ていますが、
なんと全9地域の景気判断を上方修正しました!

全ての地域で景気判断を引き上げるのは今年4月以来2四半期ぶり。

8地域が「回復」との表現を使っており、
個人消費や公共投資など内需の改善を背景に、
景気回復の動きが地域経済にも広がりを見せている。

特に、景気回復が遅いとされる北海道の景気についても
「夏場以降、さらに強まっている」とかで、
 特に観光は「絶好調」だそうです。絶好調!

これはいい雰囲気ですよー!

売り屋の私もこりゃ買うしかないわね、、、という相場ですが、
それにしても、もう結構いいとこまで上がっちゃってるんで
ちょっとここから追いかけて買うのは躊躇しちゃうわ^^;

明日、9月分の雇用統計が発表されるので
それを見てからでもいいか…

と思ったのですが、それでもやっぱりこのまま上昇してしまった時の
持たざるリスクを避けるためにドル/円98.03円でちょっと買ってみました。

ドル/円なら日経平均ほどのボラティリティはないですし。。。

今夜は明日の雇用統計を控えて地味な値動きに終始しています。
明日は日経平均続伸となるか、雇用統計前で少し調整するか解りませんが、
調整したら、拾うのが王道なんでしょう。

10月中くらいまでは、とりあえず。

9月雇用統計についての予想が出ていますので記載しておきます。

・失業率予想 7.3% (8月7.3%なので同じ)
・NFP非農業部門雇用者数予想 +18.0万人 (8月+16.9万人から若干の増加予想)

それほど悲観的な予想ではないものの、別段いいというわけでもなく…
判断に悩む予想だな、これ。

ちなみにこれまで出てきている雇用関係の指標では

◆新規失業保険申請件数は10月第1週に気になる悪化を示していましたが。
http://fx.minkabu.jp/indicators/01034

◆9月のADP雇用統計は +16.6万人でした。(8月は+15.9万人なのでちょっといい数字)
http://fx.minkabu.jp/indicators/01033

◆9月のニューヨーク連銀製造業景気指数の雇用指数は 7.53と前回10.84から悪化

◆シカゴ購買部協会雇用指数も 53.2で54.9から悪化

◆ISM非製造業雇用指数は 52.7で前回57.0から大幅悪化
サービス業を中心とする非製造業の雇用の伸びが鈍化しています。

あんまり期待しないで置いた方がいいかもしれないです。
ということで、雇用統計が悪くて下落したりしたら、
そこが短期的には買いのチャンスなのかなー。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社