2013年12月5日木曜日

日経平均、一時は前日比423円安まで下落。
1万5326円まで下げ幅を拡大しました。


今日は300円を超える下落となった日経平均。

10時20分、日経平均先物12月物に3000枚近い大口の売り注文。
裁定解消の売りとの指摘ですが、その背景にボルカ―ルールと噂。


ボルカ―ルールとは・・・・
アメリカの商業銀行に対する銀行規制強化案。

(1)ヘッジファンドやPEファンドへの投資、スポンサーになることの禁止
(2)短期的な利ざや稼ぎなどを目的として自己勘定での証券売買や
  デリバティブ取引の禁止
(3)銀行が大きくなりすぎるのを防ぐ

リーマンショックの後、2010年にオバマ大統領の呼びかけで、
ポール・ボルカー元FRB(連邦準備委員会)議長が中心となってまとめた
金融規制の追加策のことですが、ルー米財務長官が19日に、
年内に導入されるとの見通しを示しています。

実はこれ、2012年7月導入予定だったんですけれど反対が多くて
最終案が取りまとめられず延期されていました。
ウォール街筋はこれを骨抜きにしようと画策、ロビー活動していたのですが。

これが、なんと来週10日に当局が採決される見通しに。

しかも当初の草案よりも厳格化される可能性があるのだとか。

そのうちのひとつが
リスクヘッジとして行われたトレーディングの適用除外を指摘しています。
改定案では銀行のポートフォリオ全体を対象とした広範なヘッジを制限し、
個々のポジションへのヘッジ設定を求める見通しだそうです。

なぜ厳しくなるかというと・・・
JPモルガン・チェースが「ロンドンの鯨」と呼ばれる取引をして
62億ドルの損失を計上した時に、この取引をポートフォリオヘッジングだと
説明していたことを受けた動きだと指摘されています。
ヘッジが出来なくなる・・・?!要するにヘッジを装った自己勘定による
投機的取引が禁じられるということなのですが、
しかし、あまり厳格化されると為替市場などにも影響が出るかもしれません。


投機的な持ち高を示すとされるCMEの通貨先物市場での
円の売り越しは11月26日時点では2007年7月以来、
およそ6年4カ月ぶりの高水準に膨らんでいます。
ボルカー・ルールが採択されれば、投機的な為替取引は縮小する可能性が高い、
と見る向きもあり、これが一段の円安トレンドの勢いを阻んだとも。

日経先物の裁定解消もこのニュースが意識されているという指摘もあります。
それと、商品市場から投機筋が去って行ったのも、
ボルカ―ルール導入に向けた準備であるという指摘も。
現物株を買っている分にはお咎めはないですものね。
先物やオプション、コモディティなどの派生商品が対象です。

で、通貨先物市場でも円ショートが膨らんでいるから、
ちょっと影響あるんじゃないか、ってな話だったりします。


それだけじゃなくて、ユーロ圏にも似たような話が。

ユーロ圏は来年初からバーゼルⅢを導入します。

※バーゼルIIIとは、バーゼル銀行監督委員会が2010年9月に公表した、
国際的に業務を展開している銀行の健全性を維持するための
新たな自己資本規制のこと。
世界各国において2013年(平成25年)から段階的に実施され、
最終的には、2019年(平成31年)初から
完全に実施される予定。

その中身は
投資や融資などの損失を被る恐れがある「リスク資産」に対して、
普通株と内部留保などからなる「中核的自己資本(Tier1)」を、
一定割合以上持つように義務づける。

業績悪化時に配当を機動的に減らせる普通株と、
過去の利益の蓄積である内部留保が主体の「中核的自己資本(Tier1)」の
比率を実質7.0%以上とすることが求められるもの。


ということで、昨日あたりの欧州株の下落は
これをにらんでの対応に伴う手じまい売りなんじゃないか、
との見方があります。
欧州系証券が本体銀行のレバレッジ圧縮のために、
株式のポジション調整を進めたのではないか?!ですって。


そういえばECBによるストレステスト
(ユーロ圏主要128行を統一基準で資産査定)も控えていますね。
査定対象となるのは2013年末時点の資産ということで
足元でバランスシートを膨らませようというインセンティブは働かないために
どちらかと言うと資産圧縮のバイアスがかかりやすいでしょう。

ということで、私、今日キウイ円ロング手仕舞って、
ドル/円ショートと日経平均ショートを作ってみた。

超短期トレードのつもりです^_^;

中長期的には買い目線だけれど、、、

ドル/円の日足チャートがね、
見事な包み足になっているのよ。

包み足って、天井圏に出るサインなのよね。

だから、一度深押しが来るんじゃないかしら、と思って。

ドル/円Sは102・48円、
日経平均は15432円(5・4・3・2ってすごい偶然カウントダウン数)
キウイ円も途転ショート。83・91円

短期的な調整という見立てなので、粘りませんが。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】





※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社