2014年1月17日金曜日

今日は東京時間にドル/円104.92円まで円安が進んだのね。

しかしながら日経平均はマイナス引けだったのよ、、、
15845円で寄り付き15941円と16000円を目指すかと思わせ一転、
15747円、61円ものマイナスです。

株と為替の動きがマッチしない東京の引け味。
これをどう読むか?

日経が先行しているとするならば
為替市場の円安が修正され、円高になる可能性。

為替が先行していたとするならば、
日経平均は、グローベックスでは上昇する可能性。

どっちかなーと思っていましたが、為替の方が下げてきました。

フォレックスラジオが終わって新年会までの移動時間に
エイヤとユーロ円とポンド/円をショートしました。
ユーロ円142.68円
ポンド/円171.15円

ユーロ円の日足はヘッド&ショルダーっぽいのよ。
こういう形になっているとどうもウズウズしてきて
売りたくなってしまいます。

昨日は、売って踏みあげられたドル/円。
今日の下落は一時的なものでしょうか。
それとも105・45円というのが当面の高値で
しばらく軟調地合いとなるでしょうか。

ドル/円はあんまり下げないのよね。
崩れてきたのですが、まだ104円台にいます。(2:05)
ユーロ円、ポンド/円は利益になってきました。
こちらの方がボラが高い分、妙味は高いのですけれど、
思うような下落ではないので…このあたりで
揉みあいに入る形なのかなぁ、、、とも思っています。

ということで、このショートは長く引っ張らないで
ユーロ円は141.50円前後
ポンド/円は169.50円前後くらいまで下がれば利食います。
そこまで下がんないかもしれませんが。
(このところの乱高下でチョイ弱気)

今夜のダウ平均が軟調なので今のところは下落基調ですが。
ドル/円が104円台割り込まないでいるところをみると
明日の東京市場では株はそれほど下がらないかもしれない。
現在の日経平均先物は50円安ってとこ。

今夜の米国指標は

前週分の米新規失業保険申請件数は32万6000件と
市場予想平均の32万8000件程度よりやや強い結果。
フィリー指数は9.4で前月の6.4から上昇。

と悪くないんですけれど(CPIはほぼ予想どおり)

決算が嫌気されているみたいね。

ゴールドマン・サックス・グループの10-12月期決算
前年同期から約2割の減益。
シティグループは費用削減などにより前年度期比で2割増益だったが、
調整後1株利益は0.82ドルとなり市場予想の0.95ドルを下回っています。

バーナンキ議長が講演で発言したのですが、反応薄。
もう市場はイエレン氏に注目しているということでしょうか。
ゲームチェンジとなるような新味はなくノーサプライズ。

今日は豪ドルがスコーンと下げました。
豪ドル/ドルでは安値更新、こりゃ0・85目指す動きだわ。

12月のオーストラリアの雇用統計はきわめて弱い結果。
新規雇用者数が予想の1万人増加に対し2.26万人減。
これでRBAの利下げ予測再燃となった模様。

アベノミクス、円安相場なのに、豪ドル円だけは横ばいチャート。
全く妙味がありません。豪ドルに手を出すなら
ストレート通貨ですね。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社