2014年1月21日火曜日

今夜はNY市場がお休みですね。だからマーケットも静か。

金曜に串刺しとなって損切りしたポンド/円は月曜にジリジリ下げてきて
結局行って来いに。。。。なんとなくこうなるの解ってたんだけれど、
あの高値で再度売る勇気はありませんでした^_^;
で、今日もとの値位置まで下がったのを見て、悔しがっていたわけですが、

でもね、ユーロ円ショートはきっちり利食いましたよ~♪

今日は日経平均は続落。92.78円安の15641.68円。
そして、ドル/円、クロス円も下落となりました。

これという材料を強いてあげるならば、
軍普天間基地の辺野古移設が争点となった沖縄県名護市長選挙結果でしょうか。

昨日19日に投開票され現職で反対派の稲嶺進氏が再選を果たしました。
移設反対派の当選で安倍政権が描くシナリオに狂いが生じ、
日米関係に影響が及ぶことを警戒して円高に振れたことが、
株価にも及んだとの指摘もあります。

今日、名護市長選挙を受けて株やドル/円が下落したのだとすれば、
都知事選はもっとインパクトですよね。
脱原発を掲げる候補が優勢と言う報道があれば、株、為替ともに
不安定になり下落圧力が増すのかもしれません。
だとすると、2月9日までは日経平均は高値超えのアゲアゲ相場には
なりにくい・・・?!

節分天井といって2月までは上がるのが例年のサイクルとされますが、
必ずそうなるワケではないということね。

※しかし、今日は中国のGDPが予想を上回ったことで
日経平均株価 が下げ幅を縮小、円売りに傾むく局面もありました。

第4・四半期の中国GDP伸び率は前年比+7.7%、
事前予想の+7.6%を上回ったということですが、
実は第3・四半期の7.8%から若干減速してます。
予想が低めだったために好感ということのようです。
ということで、
豪ドルは今日上昇していますね。(豪ドル/ドル)
長く続くトレンドではないと思いますが・・・。

しかしながら、今日はドイツ10年債利回りが低下したことで
ユーロ/円が売られました。
http://www.bloomberg.co.jp/apps/cbuilder?T=jp09_&ticker1=GDBR10%3AIND

↑これを見ると、
ドイツ長期金利も2014年に入って下落の一途を辿ってるのね。
これがユーロ安に繋がってるとするなら、この傾向が続く限り
ユーロはまだ下落が続くということに。
1・7%くらいまでは下落余地があるようです。

でも、ユーロ円は今日結構下げたため、
一度戻りを大きく入れそうなので、
140・68円で手仕舞い、利益を確定しました。

昨年末の高値145.68円を超えられない限りは戻り売りだと思いますが、
短期的な戻りを狙って、途転ロングにしています。
コストは141.04円ちょっと買い遅れたかな・・・?
142.20円近辺まで戻りを狙って、そのあたりで再度売りたい気分。

そして、米国10年物金利も今日、ちょっぴり下げていましたね。
これも、円高圧力の一助に。
http://p.tl/wE-Q

******************************

さて、今週の土曜はいよいよこちらです。

豊商事 特別経済セミナー
http://www.yutaka24.jp/spseminar/shinjuku20140125/

飛ぶ鳥を落とす勢いでメディア露出が増えている岡崎良介さん。
元ファンドマネージャーの視点からのマクロ分析で、人気急上昇中です。
この2014年の株式市場をどのように予想されているのでしょう。

そして、安定した実力と解りやすい語り口で人気の川合美智子さんによる
為替市場の展望。ドル/円相場は押し目買いでいいの?
105.44円はいつ抜けるのか、豪ドルやNZドルの見通しは?

当日は司会を務めさせていただきます~♪

今週土曜、25日新宿開催です。

どなたでもご参加できます。
お申込み、詳細はこちらまで
http://www.yutaka24.jp/spseminar/shinjuku20140125/


人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社