2014年1月23日木曜日

日銀何もしなかったのに、随分日経平均もドル/円も乱高下しましたね。

22日水曜は日銀の金融政策決定会合。
昨年末には早期の追加緩和期待が持ち上がっていましたが、
昨今のコンセンサスは、追加緩和は消費税増税などで
株価やドル/円が崩れ、先行きが不透明にならない限りやらないだろう、
という見方が大勢となってきています。

日本の物価もじわり上昇しているので、インフレの芽が出始めており、
この分で行くと、追加緩和しなくても目標達成できるんじゃないの?
なんて見方もでてきているくらいです、
日経平均も15000円台で底堅いわけですから、文句なし。
あえてここでカードを切ることもないでしょう。

ということで、予想通り 現状維持が発表されたのですが、
やはり、一部には追加緩和期待で買っていた向きがあったんでしょうね。
追加緩和なしの発表ご日経平均は一時160円強下げました。
ドル/円もそこで一時103円台へ沈んでいます。


しかしながら、すぐさま買い戻されて、何と日経平均はプラス圏に。
ドル/円も104円半ばまで上昇、行って来いどころか、
V字回復の上にさらに上昇した形。

何があったん・・・・

西原さんの緊急有料メール

「サントリーM&A絡みのドル買いが出ていた噂」の報。

サントリーは大手蒸留酒メーカーであるビーム社を1600億ドル
(約1兆6700憶円)で買収するとされています。
このため買収資金、ドルを調達しなくてはならないので
下がったらドル買いしているんじゃないか、ってことですが、
こうした特殊玉が相場を支えたり、トレンドを形成したりするって
こともままあります。ソフトバンクのスプリント買収の時も
為替が動きましたものね。

こうしたドル買いが103円台までドル/円が落ちるとすかさず
入ってきている。。。という噂なのですが、さもありなん。

今夜もダウは小幅安。
米株はどうも企業決算が予想よりはよくないようですが、
大崩れするってことでもない。。。

結局レンジってことね。今。

水上紀行さんと今日お話しさせていただきましたが、
11~12月と勢いよくドル/円が上昇、トレンドを形成したので
1~2月までほぼ同期間の揉み合い相場に入ったのではないか、
という見方をされていらっしゃいます。

しかし、今日の日銀の結果受けての乱高下、あんな相場取れませんって。
張り付いてみていたら、往復ビンタくらってたんじゃないかしら。
リアルタイムで見ていなくて良かったです^_^;

動いている時に逆張りで入るのが良い相場ですね。
ということで、動いている時に仕事していたため、ポジション取れず。


今夜は未明にダボス会議で安倍首相が基調講演を行うということで、
これがリスクオン相場のトリガーとなると期待する向きもあるようですが、
3時を過ぎても相場動かず。いつ講演されるのか正確な時間がわからないので
待てませんね・・・・(´Д⊂ネムイ

ということで今夜はノーポジで様子見。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社