2014年1月29日水曜日

キターー強烈リバウンド中。

トルコ中銀がやりました。

(長期保有中のトルコ投信も助かります)

その前にインド準銀が予想外の利上げに踏み切りました。(7.75%→8.00%)
これで、先週末からアルゼンチンペソに代表される新興国通貨安が
反発し混乱沈静化の兆しをみせました。

そして、今朝です。29日水曜の7:00。

トルコ中銀は臨時会合を開き、
短期金利の上限となる翌日物貸出金利をなんと
7.75%から12.00%へ引き上げました。
昨日、緊急会合を開催するというニュースが出た際には、
10%への引き上げがあるんじゃないか、
という予想が広がったようですが、それを上回る利上げです。

また、
指標レポ金利は4.50%から10.00%へ、
翌日物借入金利を3.50%から8.00%へ
同時に引き上げています。

この措置を好感し、新興国通貨は大幅反発。
リスク回避から売られていたドル/円相場も
昨日夕方から反発基調が強まっていましたが、
さらに上昇、103.44円まで上がっています。

中国の理財商品問題は、謎の買い手が出現して、
元本は保証されることになりましたし、

新興国通貨安は新興国各国の決死の通貨安防衛策で
ひとまず安心だし、

これで、調整終了なのかしら?!

私はそうは思いません・・・・

中国理財商品問題は、一体誰が保障してくれるのか不透明なまま。
そのあいまいにごまかした感じがこの先のまたどこかの時点での
リスクに繋がると思えてなりません。
銀行が、とか自治体が、と保障してくれる先が明らかになればなったで
理財商品のデフォルト懸念が、
銀行や自治体のデフォルト懸念に置き換わるだけでしょう。

なにせ理財商品は490兆円あると言われているんですから。
前例を作ることが出来なかったということでしょう。

それに、トルコ。

利上げは、通貨安防衛になるかもしれません。
しかし基本的に利上げって、
景気が良いいから過剰融資を防ごうって引き締めに動く時の策が
好ましい姿。。。

金利を上げて外貨を呼び込もうという意味の高金利というのは
リスクも高い国が多いですね

大幅な利上げは結局は景気を冷やすことに繋がり、
新たな資金流出につながる負のスパイラルに陥る懸念は残ります。

利上げ効果が剥落した際に、再下落するリスクがないわけではない。

今日の日経平均大幅反発とドル/円クロス円反発は
自立反発の可能性も大。

加えて今夜のFOMCが当面のマーケットの方向を占う重要イベントでしょう。

昨晩は
米12月耐久財受注が市場予想比大きく悪化
(市場予想の+0.3%に対して-1.3%)
S&Pケースシラー住宅価格も前年比+13.7%と
市場予想(+13.8%)を下回る。。。伸びてはいますが。

米長期債利回りもすっかり下落トレンド入り。
http://goo.gl/vW2WdH
ここが上向いてこないことにはドル/円も上昇トレンド回帰が
ホンモノとは言い難い気がしますが、
まあ、今夜のFOMCで追加の量的緩和縮小があるかどうかでしょう。

追加分の発表がなければ、一旦は猛烈に上昇し、
その高値が絶好の売り場に。
(だって、粛々と毎FOMDで100億ドルやるだろうってのが
コンセンサス。それがそうでないという事実があるのは
まわりまわって米国の金融政策への不透明感が強まり売り材料)

しかし、追加で100億ドルのテーパリングを発表し、
12月発表分と合わせて200億ドルの縮小が発表された際、
新興国通貨が動じないかどうかが焦点。

どのみち今夜は一旦上がりそうな気がしますが、
さて、バーナンキ氏最後のFOMCどんな結果になるでしょうか。


昨日ロングしたポンド/円、ポンドドル。

ポンドドルは中期的に保有。
ポン円は昨夜利食ってしまいました。。。。
それはそれで、結構な利益なりましたので、調子に乗って

途転ショート!!

現在串刺しに。((;゚Д゚))

まあ、買いも売りも全部とろうなんて、上手くいくわけがないですね(笑)

今、ノーポジです。
ポジション取るのはFOMC後ででしょうか。。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社