2014年2月10日月曜日

やはり雇用統計悪かった…

というか、それでも株上がるの~ってのがマーケット。

雇用統計などの数字では金融市場は大荒れに荒れ狂いますが、
終わってみれば行って来いで、同じ水準に戻ってやり直し~
みたいなことって多いですよね。

経済統計がトレンドを作るワケではないからです。
トレンドを形成するのは、国策であり需給。
数字はノイズだと思って見ないことにはポジショニングを
誤ります。ただし、ボラティリティはやたらに上がるので
微妙なところにストップロスなんかを置いておくと
ポジションを切られてから元に戻るなんてことになるので
雇用統計などの重要指標前は、ポジションを手仕舞って置くか、
あるいは大きく動いた時に「逆張り」で入るのがいいのよね。

ということで、雇用統計前に、全てのロングポジションは
手仕舞い、その後、急落した局面で、日経平均、ダウ、
ドル/円、全て拾い直しました。

コストは
ドル/円101.65円
日経14433円
ダウ15539ドル

今回、神憑り的に上手くいったわ(*´艸`*);
(なーんて悦に入っているとやられるのよね。
週明けから気をつけなきゃ)

確かに雇用統計は悪かったんだけど、

※1月の雇用統計
NFP非農業部門雇用者数 +11.3万人
        (市場予想+18.5万人)

失業率は5年ぶりの水準となる6.6%に低下

12月分は+7.5万人に修正も上方修正分は+1000人
2カ月間の雇用者数の伸びとしては3年ぶりの低水準。

12月分の7・5万人ってのは寒波が大きく影響していると見られるも、
今回の1月は天候が主な押し下げ要因ではなさそう?!

だって、天候に左右されやすい建設業の雇用者数が
大きく回復しているんです。

家計調査でも、天候が理由で働けなかった人は
26.2万人とこれまでの傾向に整合する水準でした。

1月の寒波にも建設の雇用が伸びていることや、
失業率の低下が労働参加率の上昇したにもかかわらず
失業率の低下がみられたことを好材料と受け止める向きも
あるようですが、全体的には
ネガティブな受け止め方が多いですね。

すでにテーパリングのペースに見直しが入るとの予想が
出始めているようです。

雇用統計こうみる⇒http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJEA1600G20140207

ドル円は発表前になぜか急伸し102.58円の高値まで上昇、
弱い結果が伝わると一転して101.405円まで急落、
その後みるみる買い戻され急落前高値を更新、
結局102.27円でクローズ。

日経平均やダウなどは、雇用統計で急落するも
雇用統計前の高値をさらに更新して高値引けです。

月曜もこのまま、堅調地合いとなるでしょう。
都知事選は自民党が推していた舛添氏が当確です。
都知事選リスクは取り払われました。

ただ、私今のロングは短期ポジションです。
中期的には下落すると思っていますので、
どこかで手仕舞って、途転売りに回ります。

その水準を探る1週間となりそうですが、
まずは11日のイエレン氏の初の議会証言を受けて
急騰あれば、そのタイミングで手仕舞い。
その前に落ちるなら、またずに撤退と言うイメージ。

ドル/円は105.44円から100.75円の下落の38.2%戻しは
すでに達成していますので、もう戻り一杯の可能性も。
(102.45円近辺です。)

半値戻しがあるなら103円前後まであと50銭はあるかも、です。

日経平均は 38.2%戻しで14850円近辺かな。
半値戻しがあれば 15150円近辺が狙えます。

今週達成で、再び売るイメージ、、、なのですが、
センチメントと相談しながら、と言う感じかな。

水星が逆行を開始しましたので、乱高下の相場に入ります。
これほど解りやすい戻り相場はもう終わっているかも・・・

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】





※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社