2014年2月7日金曜日

短期的な戻りを狙った日経平均、ドル/円ロングが
今夜やっと報われました。

木曜は日経平均もまさかのマイナス引け。
ドル/円も101円台前半で冴えない推移が続き、、、、

センチメントが弱いので、まだセリングクライマックスを
見ていないんじゃないの?
もう一段突っ込んで下がらないと上がらないんじゃないの?
という葛藤と戦いました。

なぜかきっかけはECB理事会のドラギさん。
一部で何らかの緩和策が出るんじゃないかっていう思惑が
広がっていたことから、ECB理事会前には
かなりユーロがショートになっていたんでしょう。

ドラギさんの声明が出た後は見事なまでのショートカバーの嵐。
ユーロが噴き上げました。

◆2月ECB理事会 政策金利変更なし
 ドラギ総裁「SMP(証券市場プログラム)の不胎化停止は討議されていない」

この発言が効きました。
昨日のブログにも書きましたが、一部で流動性確保のための緩和措置として
不胎化停止措置の実施が発表されるという思惑があったのです。

個人的には、もし、これが発表されればユーロ安⇒ドル高?!
だからドル/円ロングでいいよね~という推測でしたが^_^;

結果はまるで違っていて、討議すらされていなくて
ユーロ買戻しでユーロ高⇒ユーロ円高⇒クロス円高⇒ドル/円高 でした。

そんな風に動くか~ ECB理事会予想は違ったけれど、結局、
ドル/円、日経平均が一度戻りを入れる相場になるという予想は
当たっていたので結果オーライ!!(´∀`*)ウフフ

ユーロ高がユーロ円高を誘発しドル/円上昇で
円安となったことが好感されたってことで、日経平均にも
買戻しが入っています。米株も高いわね。
ダウ平均、現在200日移動平均線をまた上回ってきました。

日経平均先物は現時点ではまだ200日移動平均線を下回っていますので
ここを超えられないと再度だれる可能性はありますが・・・。

日経平均CFDの戻りの目処はフィボナッチの
23.6% 14498
38.2% 14861
50%  15154 

ってとこかなぁと思いますが、半値まで戻すとちょうど一目の雲の下限に
ぶつかるあたりですね。その前に200日移動平均線を試すとか、
窓を埋められるかとか、いろいろ至難の道のりではあります。

一定の戻りを取ったら再度売る所存(今のところね)

ドル/円の戻り高値ターゲットは同じくフィボナッチの
102.50円アラウンドが第一ターゲット。。。
その上は一目の基準線あたりまでかな?

それもこれも、まずは明日の雇用統計と
11日のイエレンFRB新総裁の議会証言をどうこなすかで
展望ががらりと変わる可能性があるということを念頭に。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】





※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社