2014年2月26日水曜日

株式市場では、今日から受け渡し日が3月1日となることから実質3月相場入り。
つまり年度末相場入りね。それにしては冴えない値動でした。

3月は海外投資家の買い越し額平均が5283億円と
1年の中で最も大きくなる、とかで注目されているんですね。

米国で確定申告が終わり2~3月には還付金が入るらしく、
それが国内外の株式に向かうのだそうです。

今年は1~2月と外国人投資家の買が止まっていることから
その反動で、大きな資金流入があるかも~なんて淡い期待もあるみたい。

ただ、一方で邦銀などの機関投資家は、3月決算に向けて12~1月に利益確定を
するそうなんですが、今回は12月高、1月も先高観があったために
売り遅れているということで、期末が近付くにつれ、株高局面では
国内機関投資家の売りが頭を抑えるなんて話もあります。

それにしても、ほーんと、ドル/円膠着しちゃったわね~

今日26日の9~17時の値幅は28銭です。

なんかね、米国の景気指標が悪いでしょ。
昨日は消費者物価指数が悪かったわね。

これを受けて債券市場では、金利が低下。
(といっても2・7%台で膠着しています。ドル/円相場のチャートと酷似)

米金利が上昇しないことも、ドル/円相場が重い要因となっているってわけね。

それと、懸念され始めたのが人民元。

対ドルで人民元が7か月ぶりの安値を更新しています。
昨日25日にはおよそ3年ぶりの下落率を記録する急落となっています。

人民元は13年には中国成長期待で一貫して上昇してきており、
14年には初の5元台達成と見られていたのですが、一転して巻き戻されて下落。

このところのPMIが官民発表分どちらとも悪化していることや
やはりシャドーバンキング問題ね。どうしても今年は理財商品のデフォルトが
避けられないところが幾つか出てくるだろうという懸念。

これらが元売りに繋がっている模様。

元高、円安の関係ですので、
元安となればおのずと円高となるという懸念もありますので、
その点にも警戒があるようです。


それからウクライナ。内戦と言う最悪の事態は避けられても
ウクライナのデフォルト懸念が残ったまま。
積極的にリスクオンとなれないという心理が働いているようです。

一昨日くらいまでは、リスクオン相場?!だからこのままドル/円も上がるだろう!
と思ってドル/円ロング、日経平均ロングしていましたが、、

う~ん。迷ってます。

米株の暴落に警鐘を鳴らす向きが増えているのが嫌ですが、
(そういう時って下がらないでしょ。皆が楽観している時こそ、暴落あり)
それでも、今の地合いだとリスクオン(ドル/円上昇)にはなりにくいなぁと
思って見たりして。難しいです!!

ということで、日経ロング、ドル/円ロング撤退。
ほぼコスト近辺なので損失は手数料とちょいかな^_^;

こんな相場は様子見ですね・・・

ドル/円のチャートでみれば明日か、明後日くらいには動きそうだけれど、
買いで待つというのが正しいかどうか、今日の時点では自信ないのです。



*********************************

4月26日土曜日 高松に行きます!!

どうなる 株×為替×金 ということで

株のスペシャリスト 岡崎良介さん
金のスペシャリスト 池水雄一さん
為替のスペシャリスト 大倉孝キャプテン!

そしてMC、モデレーターとして私も会場入りします。

http://goldfes.jp/2014/spinoff_vol2/ 

4月26日午後、香川・高松 かがわ国際会議場でお会いしましょう!
直接大倉キャプテン、岡崎さん、池水さんのお話を聞きに来てくださいね。

来場されました方にはもれなく金箔グッズ&株式手帳(定価1,800円、2014.4~15.3版、監修:福永博之)をプレゼントします。

ご来場お待ちしております。


人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】





※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社