2014年2月26日水曜日

う~む。まだレンジか。。。
25日火曜の日経平均は大幅高。

ひとつは、前日月曜の米国株が堅調だったこと。
G20財務相・中銀総裁会議で金融緩和策の支持や
中期的なGDP成長率を2%以上引き上げる協調行動の
公約が採択されたことを好感ですって。

…日本市場では中国の銀行が不動産融資引き締めとかいうニュースで
乱高下した挙句小幅安で引けていたのですが、米国はこの中国ネタより
週末のG20受けて上昇ですって?!

NYダウは100ドル超の上昇、なんだか後付けの理由よね。
ダウって16000~16200ドル台で結局揉み合っているだけだもん。
史上最高値更新しているナスダック総合指数もレンジに入ってますね。
ただし、下値切り上げ型なので、上に行きたがっているような形。

だから材料は上がる材料にだけ反応する。中国ネタは無視、、なんじゃない?


それと25日火曜の東京市場ではソフトバンクのLINE買収のニュースが
囃されての上昇だったということで、特殊材料がけん引した印象。

LINEはソフトバンク以外からも買収提案を受けていて上場準備を
遅らせているとも報道されました。LINEは韓国の検索大手
ネイバーの日本法人ですが、このネイバーは買収の話を否定しています。

(でも、おそらく飛ばしネタではなくてホントに交渉が進んでいるだろうと)

LINEは世界で3億5千万人もが利用しているとされていますが、
仮にLINEが上場すれば時価総額は8千億円~1兆円とされています。

こうしたM&Aネタは実はドル円相場では上昇要因です。
海外企業の株取得の際には、その会社がある国の通貨で買うわけで
円からその通貨に替える必要が出てくるからです。

ソフトバンクはスプリント買収の際には2兆円もの規模であったことが
為替市場のドル高要因となりました。買収のためのドル調達では
82円台で為替予約をしたとされており、為替差益だけでもソフトバンクは
膨大な利益になっていますね。

今回の買収が実現するかどうかはわかりませんが、
実現する場合、韓国資本の親会社ですから、ウォン買い円売りと
なるのかな?ドルなのかウォンなのか確信はありませんが、
どちらにしても、「円売り」の材料です。

ということで、ソフトバンク株が大幅高となり、日経平均も
大きく上昇したのですが、なぜかドル円は動かない(;´・ω・)
日経平均15000円乗せですよ。。。ドル円103円に乗せてもよくない?!

というわけでこのところ、日経平均がジェットコースター乱高下の様相を
呈しているのに、ドル円は膠着しちゃって動かない。
相関性が落ちてしまったようです。

大倉キャプテンが指摘しているように、消費増税前のエネルギー輸入が
増えているようですので(1月の貿易赤字拡大はこの影響が大きいとか)
これが2月も断続的に出ているのだとしたら、ドル円の下は固いのが
腑に落ちます。しかし、上では誰が売っているんでしょうねぇ。。。
頭が重い理由がいまいちわからないの。日経が大きく上がったのに。

このところはソロスとかデマークとかファーバーとか、
著名投資家が軒並み米株下落リスクを提唱しているのが気になりますが、
それでも、市場はドル安、商品高、株高、とリスクオンの様相。

基調はドル安なんですね。これが災いしているとしか言いようがないですが、
今週は26日がアストロロジーのメジャーアスペクト、転換になりやすく、
28日は重要変化日。そういえば27日にイエレン新FRB議長の上院議会証言が
ありますね。雪で延期になっていたものが27日実施されることとなりました。

そろそろ方向性が見えてくるか?
まだ、あまり思い入れを持ったポジションメイクは早いかもしれませんが、
レンジをブレイクする時期が近づいていると思ってます…。

ドル円102.30台ロングはまだ耐えてます。
日経平均ロングももう少し上を目指す所存。

*********************************

4月26日土曜日 高松に行きます!!

どうなる 株×為替×金 ということで

株のスペシャリスト 岡崎良介さん
金のスペシャリスト 池水雄一さん
為替のスペシャリスト 大倉孝キャプテン!

そしてMC、モデレーターとして私も会場入りします。

http://goldfes.jp/2014/spinoff_vol2/ 

4月26日午後、香川・高松 かがわ国際会議場でお会いしましょう!
直接大倉キャプテン、岡崎さん、池水さんのお話を聞きに来てくださいね。

来場されました方にはもれなく金箔グッズ&株式手帳(定価1,800円、2014.4~15.3版、監修:福永博之)をプレゼントします。

ご来場お待ちしております。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社