2014年3月14日金曜日


14300円割れ。
リスク回避の先物売りに加え、信用買い残の多い銘柄には
追い証発生に伴う処分売りも出ているようです。

そもそも昨晩13日木曜の米国株市場が安かった。

2月米小売売上高や米新規失業保険申請件数がともに市場予想より
強い結果となったのですが、
ケリー米国務長官が
「クリミアで住民投票が行われれば、
欧米は17日にもロシアに対して重大な措置を講じる」と述べたほか、
一部報道で「クリミア北部のウクライナ国境付近を飛行中の航空機が
ロシア側と思われる武装車両から射撃された」とか?!
「ウクライナ東部のドネツィクで親ロシア派と親ウクライナ派の間で
4000人規模の衝突があったようだ」などと伝わり完全にリスクオフに転換。

米10年債利回りも大幅に低下したためドル円、クロス円も
101.49円と4日以来の安値を更新する円高に。

おまけに昨晩はユーロにも異変。

序盤は2月仏CPI消費者物価指数が予想を上回ったため
18時30分前には一時1.3967ドルと2011年10月31日以来の高値を更新
していたのですが、、、、。

ECBドラギ総裁のまさかの発言。

デフレに対抗するための非伝統的な措置をとる準備があり、
必要なら更なる断固たる行動をとる用意がある、とか
ユーロ圏内外の実質金利差は縮小する見通しであり、
為替への下押し圧力となるだろうなどと述べました。

これって、、、口先介入?!

一昨日のコンスタンシオECB理事もそんな発言をしていましたが、
だったら先週の理事会でなにか緩和策でも講じればよかったのに・・・
との声があるなかで、ユーロが急落です(*_*)

ウクライナ情勢の不透明感が今日の大きな下落の要因とされていますが、
この週末にはクリミアの国民投票がありますので、
週末リスクはかなり高いと思われます。

とにかくチャートの形が悪い。日経平均。
今日あけてしまった窓は大きい。

ということで、続落となりそうな気がしますので、
日経ショートとナスダックショートは継続。

今日の大引け後にイオンが
前期最終を一転46%減益に下方修正のニュース。

ちょっと、、、、これ、週明けの日本株市場でもショックになるんじゃない?

アベノミクス・・・大丈夫?
売れていないんじゃないの?
特損でも出たのかしら?・・・と思うような内容。
まだ詳細吟味していませんが、ダイエー?

これが、引け後に出ているんですよ・・・・。
今日の大幅下落には織り込まれていません。
だからでしょうか、先物がさらに下落中。

ただし、日経の大幅下落にもドル円は101円台を維持で底堅く、
やはりGPIFの買い?あるいは増税前の実需買いが相当出ているものと
推測できます。

ボラティリティは株買インデックスのほうが大きく
ドル円は売っても売ってもあまり大きく取れないので
最近はもっぱら日経平均ばかりトレードしています。

ボラが高いほうが妙味ありますよね。
為替と日経の値動きに相関性はあっても、
動く幅があまりに違うので・・・。


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




*********************************

4月26日土曜日 高松に行きます!!


どうなる 株×為替×金 ということで


株のスペシャリスト 岡崎良介さん


金のスペシャリスト 池水雄一さん


為替のスペシャリスト 大倉孝キャプテン!


そしてMC、モデレーターとして私も会場入りします。




4月26日午後、香川・高松 かがわ国際会議場でお会いしましょう!


直接大倉キャプテン、岡崎さん、池水さんのお話を聞きに来てくださいね。


来場されました方にはもれなく「金箔グッズ&株式手帳(定価1,800円、2014.4~15.3版、監修:福永博之)」をプレゼントします。


ご来場お待ちしております。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社