2014年4月15日火曜日

今夜、14日、月曜夜米国指標が良かったということで、
米株もドル円も買い戻しが。

3月米小売売上高が前月比1.1%増、
自動車を除いた数値が前月比0.7%増と
いずれも市場予想を上回ったため米長期金利が上昇。
日米金利差拡大を見越した円売りドル買いということですが、
さすがに今週は買戻しもでるでしょう。

先週は日経平均が1週間で1000円もの下落となりました。
5営業日連続安となった後って、8割近くの確立で戻るんですって。
それでも先週末金曜日のNY市場で米株が大幅下落だったものだから
東京時間では日経平均上昇することができませんでしたが。。。

今夜の米株の戻りを受けて、明日くらいから
今週は戻りを試す週となるんでしょう。
押し目買いが有効な相場となると思います。

ただし、決して強い相場ではありません。
上がったからといって高いところを追いかけて買うのは厳禁。

いつまたリスクオフ相場に戻るとも限らない脆弱さを孕んでいます。
こういうところだからこそ買うんだ!という見方もあるかもしれませんが、
アストロロジーでは来週が今年もっとも重要なポイントなんです。
たぶん、ポジティブではない意味で。

そもそもGWも近いことからsell in mayが意識されやすい時期。
リスクを取りに行くより避けるのが定石。

押し目を買って、短期で利食う戦略で。
今日はドル円とポンド円をロングしてすぐさま利食いを2回。
長く持つつもりはありません(^-^;

今週ある程度戻れば、来週に向けては売るつもり。。。
日経平均は14200~300円で売り場探し。

為替はあまり下がらない気もするのですが、
101円台を割り込んだら売るスタンスです。

ユーロは先週末から再びECB要人からユーロ高牽制発言で下落基調に。

ドラギ総裁がワシントンで記者団に対し、
「ユーロ相場上昇はわれわれの金融政策のスタンスを
引き続き緩和的とし、さらなる緩和措置を必要とするだろう」と語った他、

フランス中銀総裁ノワイエ氏が
「強いユーロがインフレ率を0.5ポイント押し下げている。
より弱いユーロが望ましい。」と発言。

さらにクーレECB専務理事
「ECBの追加緩和は除外されない。」

先週は中国がユーロを買っているという話で
思わぬユーロ高となりましたが、
やはりユーロを追いかけて買うのは怖いですね。
欧州勢は総出で口先介入してきます!
http://hiroko.yutaka-shoji.co.jp/2014/04/blog-post_11.html

ユーロは戻り売りかなぁ・・・

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社