2014年5月21日水曜日

昨晩の日経平均ロング、一度午前中の高いところで利食いを入れて、
今日の黒田さんの発言受けた下落時に、もう1度買い直してみました。

イベントとしては大きなインパクトがなかったですね。
そもそも注目も低かったですが、想定通りの金融政策現状維持。

ただ、黒田日銀総裁の会見中にドル/円相場が
101円大台を割り込んだのには
ヒヤリとさせられた向きも多かったかもしれません。

でも、、、走らない。

オプションのバリアがあるという話も聞こえてきますが、
ストップロスがヒットしてザザザーッと下がるなんて事態には
ならないのね。恐らく、じりじり上値が切り下がってくる
レンジ相場の過程で、下がると見た向きが増えていたってことですね。
買い方は100円台は耐える方向か。

その分100円割れが怖いのかもしれません。
ただし、時間をかけてかけて下がるようだと、
それもこなされていくのかな?

5月日銀は金融政策は現状維持。

声明文から「15年近く続いたデフレ」などの文言を削除。
「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)ですでに示していた認識を、
今回、声明文のかたちで初めて示したことになります。

黒田日銀総裁は
「為替レートを目標にして金融政策を運営することはない」
などと述べてましたが、目立って目新しい発言はなくて、
リップサービスはないと踏んだ投機筋が
円買いを仕掛けたとの見方が大勢。

投機的な円買いであれば、買い戻されれば元に戻ります。
ドル/円は欧州時間に101円台を回復しています。

踏ん張っていますね~

100.79円まで円高がありましたが、1
00・75円の今年の安値に迫るも、
なんとか戻っていきました。

日経平均も14000円割れはサポートされるんでしょう。
結局戻っていく…。

ということで、再ロング。

ユーロショートは継続です。
ユーロ円、ユーロ/ドル相場ともにチャートが悪いのに
素直に乗っています。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社