2014年5月20日火曜日

ひょえー日経、ドル円弱い~( ;∀;)

先週末のNY市場で米株高かったのに。
CME日経先物も14170と東京市場を40円上回っていたのに。
本日発表された3月機械受注統計は
前月比19.1%増と事前予想6.0%増を大幅に上回ったのによ~

14006.44(- 90.15)ですって。

ザラバでは13991.19円まで下落、14000円の大台割れ。

これを受けてドル円も弱含み、欧州時間には101.20円割れです。

弱い・・・。

ただ、NY時間に入って反騰しています。
今夜もNY株が強いのに連れているのね。

このまま再びレンジ内に戻っていくか?

その場合、ドル円101.20円割れでは相場は崩れなかったため、
次の危険水域は100.75円という今年2月の安値レベルとなったわけで
レンジ下限が広がったとみてもいいかもしれません。

101.20円割れでも相場が崩れず、レンジ内に戻ったからといって
底入れというムードはないのが気がかりなのです。

本当の底入れ時には「コツン」と音がするなんて言いますが、
(実際に聞いたことはないけど(^-^;
セリングクライマックスの時って、ストップが軒並み刈り取られる
ような急落をやって、下げ止まった後の猛烈な戻り、、、というような
ボラティリティの上昇が確認できたりするわけで。

今回のケースではそれがない。
つまり、まだ下値確認で反騰というレベルの戻りではないってこと。

ただ、今日の弱さ(14000円割れ101.20割れで)
明後日21日の日銀の金融政策決定会合での追加緩和期待が
ちょいと上がったという指摘も聞こえてきます。
要するに、催促相場的な下落になっていると?!

それと、ユーロはちょっと戻り基調に。

バイトマン独連銀総裁が
「ユーロ安狙った動きは、反動を促す可能性もある」などと発言。
ECBによるユーロ高阻止策を超えたユーロ安政策に懸念を示したと
解説されていますが、EUはどうしたいの(-"-)

ユーロドルは日足で200日移動平均線をサポートして反騰中。
戻り売り相場になるとは思いますが、なにしろ8日の理事会の後からの
下落が大きかった故、戻りも相応に入るでしょうから、
戻りが浅い局面で売り参入するべからずね。
フィボナッチの38.2%戻りの1.3778くらいまでは戻すかも、です。

ということで、保有中のユーロ円。
ドル円の下落に引っ張られるもユーロドルの戻りに
相殺されて今一つ落ちてこないものの、ショート継続です。


明日こそ日経平均もドル円も、
戻りを試す相場になるやもしれませんが。

本格上昇はまだ先と思っています。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社