2014年5月14日水曜日

13日火曜、日経平均はギャップ・アップで一気に14300円を回復!

ねぇ、これで
「来た~買いまっせ!イケイケでっせ!」
って気分になります?!

今日の日経平均が高かったのは12日月曜の米国市場で
NYダウ、S&P500が史上最高値を更新したってことと
米国債金利の上昇で為替が円安傾向にあったってことによるものよね。

決して、日本株積極的に買う地合いになったってことじゃない。

だから戻りを売る???

って~単純な相場じゃないのよ。わかりにくくてごめんね。

売りたい気分は山々だけれど、
この相場は短期的にはびっくりするほどの上昇を見せそうな予感。

根拠を示せ、と言われると、何もないので自信はないのですが(^^;

皆が自信を喪失している相場だからこそ、上がる相場なんじゃないかと
思ったりしています。ホントは5月売りたい気分が強いのですが、
皆がそう思っているような気がするので、そうならないということです。

SellinMayの警戒強しで下がらない。これが今の相場。
逆にSellinMayで売りポジション持っていた人が買い戻す相場が
今週辺り始まって、その後やたら強気になってからの崩落?!
ってイメージ描いているんだけれど、それも今この瞬間だけね(^^;

昨年の5/22のバーナンキ元FRB議長の発言までは、
皆諸手を上げて買うしかないって相場だったじゃない?
あれが、またこの5月に来てくれないかな~って期待なんだけれどね。
そういう過去の経験則、再び!って相場は必ず来るわけじゃない。
今年は違うパターンかもしれません。
しかし、いつか、同じパターンの相場は来ます。
それはそれで、大事に去年の崩落の相場を覚えておくべきだと思うわ。

今年はどんなパターンの相場になるかは誰も解らないのです。
警戒しながらも、今の流れについて行く・・・のが肝要。

ということで、今日は日経平均をロング、ポンド円をロングして
どこで降りるか、ってトレードをしてみたところ。

休むも相場、、、とはいうものの、あまりに様子見続けていると
どうも感が鈍る気がして、ちょっとでも関わっていたいというか。

あれ?これってポジポジ病?!(゚д゚)))アワワ

・・・・でもね、それ程大きなポジションではありません。
相場を追いかけるために、持っておいた方がいいかな~ってことなので(^^;


さて。

今夜は注目していたドイツ連銀総裁バイトマン氏のスピーチが。
14日だと思っていたのだけれど、今夜だったのね(´・ω・`)
ユーロ、動いたわよ、想定以上に、売りで反応。

6月のECB理事会で発表される四半期マクロ経済予想(スタッフ予想)で、
2016年のインフレ率予想が下がるようであれば、
ECBは6月の理事会で相当規模な追加緩和に踏み切るだろう

という発言したようです。

西原さんの有料メールにて松崎美子さんが緊急メールしてくださっています。

ひゃー。6月は追加緩和やるかもね。これまでドイツが難色を示していたって
印象だったけれど、今夜のバイトマン氏発言で、後ろ盾ができたというか。
やりやすくなったという発言内容と捉えられたんでしょう、
ユーロは一段安。

戻り売りスタンスとしていましたが、
戻らず下がった(-"-)そんなものよね。

日足で一目の雲を下抜け、200SMAの1.3615ドルを目指す展開か。

売っておけば良かった~とタラればブチブチ言いたくなるボラ。
ドル円クロス円に比べるとなんと解りやすい相場(^-^;

ここを売りやを自称する自分が取れなかったことを猛省しております。

今夜は4月米小売売上高が
前月比0.1%増と予想の前月比0.4%増を下回ったほか、
自動車を除いた数値は前月比横ばいと
予想の前月比0.6%増より弱い内容となったことが嫌気されたようですが、
それでも時期的に注目されている決算発表などを好感している、
とか、M&A関連ニュースを材料に米株は下げない地合い。
今も小幅だけれど買われていて+圏内。

だからといって、ドル円が買われている風でもないです。

今、市場で言われているように6月の成長戦略が出てくるまでは
小動き、レンジ相場が続くってこと?!
そりゃー辛抱ならん。

今週半ば。。。いや、来週かな?
今月中に暴騰してからの暴落が来るんじゃないかと思っていますが、
さて、この妄想がトレードに役立つでしょうかねぇ・・・。
なんせ、妄想ですから

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社