2014年5月28日水曜日

なんとなんと今夜は NY金先物市場に異変。

1290ドル台から1260ドル台へと30ドルもの急落です。

このところCOMEX金市場でも膠着相場が続いていました。

ウクライナの緊張が高まった時には
有事の金とかなんとか囃されてちょっと上がったのですが、
激化しなかったことで緩んで下落、
それでも、米国低金利に支えられて大きな下落には
なっていなかったのですが、一体何があったのでしょう?

「金の先物市場で4億5000万ドルに相当する大きな売り注文」

と教えてくださったのはTwitterでお世話になっている@kamadaさん。

予想より良かった米耐久消費財、ドル高、ウクライナの選挙と
色々な材料が金安としてあげられています。とのことですが、
材料は全て後付けでしょう。

要するに誰かが大口で売ったってこと。

ここからは私の推測と妄想。

→ ・・・そして、このところ金が下がれば
すかさず中国が出てきて現物を買うのよね。

だから、一部には先物市場で大きく売って値を崩しているのは
中国のSWF(政府系ファンド)なのではないか、
という指摘もあるくらい。

勿論、注文は欧米の金融機関を通じて出すので
ネームは明らかにはならないのですが。

値が崩れたところで中国が現物を拾う、、、そんなスキームが
昨年からあるんじゃないかって亀井幸一郎さんがこっそり
教えてくださったりするのですが、これ、ソースがないので、
メディアなどにはたぶん書いていらっしゃらないと思います。

去年、先物市場で金が暴落した時に中国はすさまじい現物買いを
行っていたことが確認されています。
目的はいろいろに推察できますね。

一応ほかのマーケットもチェックしときましょう。

◆株高

今夜も米株が強い。現在53ドル高、16688ドルまで高値があり
再び史上最高値を目指す勢い。
Nasdaqは完全にレンジを上抜け、上昇トレンド回帰。
SP500は・・・・連日の史上最高値更新中です。

DAX、ドイツもそうですね、史上最高値更新中。
http://sekai-kabuka.com/

◆指標はまちまち悪化も米国金利高傾向

今夜は5月ダラス連銀製造業活動指数が
8.0と市場予想の9.5を下回り
4月の11.7からも低下ているのに、、、お構いなしです。
米10年債利回りは2.55%で堅調推移。

予想を下振れた製造業指数にもかかわらず債券利回りが
下がらずで、ドル・円は102円13銭まで上昇
ユーロ・ドルは、1.3642ドルから1.3617ドルまで下落。

5月米消費者信頼感指数は予想通りの結果も
08年以降2番目の高い水準。

4月米耐久財受注額が市場予想を上回る結果。


株高、ドル高、、、なので、リスク選好相場ですね。
となれば、逆相関で金安は自然な解釈ではありますが、
それにしても、他のマーケットのボラティリティと比較すると
明らかに金だけが下げすぎ。
やはり何か特別な売りが出たと思われます・・・。

一つ気がかりなのが、4月15日に金の調査機関WGCが発表した
報告書の中に中国企業が資金調達手段として保有する金の量が
最大1000トンに上る可能性があるとの指摘。

~何が気になっているかはこちらを参照ください。

http://hiroko.yutaka-shoji.co.jp/2014/04/420.html

中段くらいに、中国理財商品と金について書いています。

このあたりが引き金になっているとしたら、、、ということも念頭に。

他のマーケットに波及していない~金だけが下がっているということで
この懸念は杞憂に終わるかと思いますが。

金安が気になる相場ですが、米株も、ドル円も堅調です。

明日の日経平均はまた上がるでしょう。
おそらく完全に目先はブル相場に転換しています。

押したら買おうと思っていましたが、買いそびれたままです(^-^;


ドル高です、ストレートで豪ドルやキウイを売るもの一考。
ユーロドルをショートするのがいいかな?

日経は押し目買い。

今は伸び切ったチャートばかりでポジション取りにくい(>_<)

明日はどこかで入る機会を伺います。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社