2014年6月3日火曜日

6月初日となった2日月曜の日経平均は 14935.92(+303.54)

特に今日の陽線は強烈です、6月初日は300円高!!

先週末のNYダウがわずか18ドル高でも16717ドルと史上最高値を更新、
S&P500もわずか3ポイント高でも1923ポイントと連日史上最高値更新、
ドイツDAX指数も4ポイント高の9943ポイントと史上最高値を更新。

とにかく、低金利の中で株は堅調なのです。
その中で、日本だけあまりに放置されすぎじゃありませんか?

ってなことでの300円高です。

今日の大きな買いの材料としては、いよいよ6月の成長戦略への
期待が高まってきたということでしょうか。
政府も小出しにネタを投下していますね。

①NISA非課税枠拡大 年100万から200万円以上に検討
2016年にも実施。

②第一生命が米保険買収で最終交渉、約5000億円

第一生命保険が米保険会社プロテクティブライフの買収に向け最終交渉
プロテクティブライフは米中堅の保険会社。
買収金額は約50億ドル(約5040億円)となる見込み。

為替市場では特にこのM&Aネタが効いたのかな?
5000億円規模でのドル買い需要の思惑に繋がります。
実際にこのM&Aが成功するかもわからないですし、
成功して買収することとなったとしても
実際に為替市場でドル需要があるかどうかなんて
部外者にはわからないのですが、
5000億規模のドル買い需要喚起思惑につながる、
ということで市場が動くんですね。

これが本日の為替市場での102円台乗せのドル買い円売りの
インパクトだったのかと思われます。

それに加えて株式市場ではNISA枠が2倍になる可能性、ということで
こういうのは海外勢が大好きなネタです。
先週あたりから日本に来ているというヘッジファンド勢にも
いいアピールになって日本株買いに繋がっている、ということでしょう。

おまけにSellinMayにかけてショートしていた向きの買戻しも?

ということで、ここからしばらくはプチバブルです。

アメリカも、ドイツも、新興国も、低金利をいいことに
株が騰がっています、これはしばらく続くことでしょう。
そして、いよいよ出遅れていた日本にも
海外勢が再参入ってとこです。

その後の下落のことは、加熱してから考えましょう。
(それはそれで大きな下げになる予感)
とにかく今は上昇の流れに乗ることです。

とか何とか言ってますが、私は個別株を一つ仕込んで
インドSENSEXをモディノミクスに乗って仕込んだくらいで
ドル円ロングは作り損ねております(^-^;
日経ロングも14500円近辺で降りちゃってから乗れずにいて。。。

あ~一度ちゃんとした押し目が来ないかしら。
(その時はその時で買えないものですけれど(^-^;

日経平均は200日線14663円を明確に上抜きました。
日足の一目の雲も綺麗に上抜けました。
ものすごい強いチャートですね、これ。
次のターゲットは4月3日高値15164円
3月高値15312円ってとこです。
いやいや、16000円くらいまでするする騰がる予感。

今夜のCME日経先物は15000円に乗っけていますので
明日も続伸でしょう。ダウも現在21ドル高(1:50)

今は売るより買うことを考える相場です。


ただし、ユーロだけは別。
ユーロショートだけはまだ保有中。

日経新聞にこんな記事。

ECB緩和「空振り」に賭け FX個人ユーロ買い膨張
http://www.nikkei.com/markets/kawase/kawase-focus.aspx?g=DGXNMSFK30038_30052014000000&df=1

日本の個人はドラギさんに挑むようです。
私はドラギさんと戦う勇気はない・・・かな?!

そんなに軽く見ないほうがいいと思うんだけれど、
しかし、5日の理事会に向けてはショートの買戻しも
大きく入る可能性は否定できず、このユーロショートは
慎重に管理しないと、と思っています。

思惑が交錯していますので、大きく動きそう。

ドル円は。。。。雇用統計前にあまりに買われすぎれば、
その後の調整に注意、というイメージですが、さて?!

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社