2014年6月25日水曜日

なんだかなぁ。。。
いつになったらボラティリティ上がるのかしら。

成長戦略骨太の方針、閣議決定されて
18:30から安倍首相の会見も行われたのですが、
大きな反応はありませんでした。

ロイターの記事探してるけど、18:30の安倍首相の会見後の
成長戦略絡みの為替動向の記事がひとつもない💦(現0:56)

一つあるのがJPモルガンの佐々木さんのコラム。
19:41ですので、安倍さんの会見後にUPされていますね。

コラム:成長戦略と日銀金融政策に潜む円高リスク=佐々木融氏
http://jp.reuters.com/article/jp_forum/idJPKBN0EZ0XL20140624

新味に欠く内容であったことから円高リスクに警鐘という
バイアスですが、現実にはマーケットはNY時間にリスクテイクに
動いてしまっています。

理由は米経済指標。

米5月新築住宅販売件数は50.4万件(予想 43.9万件)、
6月消費者信頼感指数は85.2(予想 83.5)と2008年以来の高水準
これで米10年物利回りが上昇、ドル円も102円台まで上がっています。

月曜夜に小幅安に終わったダウも今夜はプラス圏での推移。
大きな上昇ってわけじゃないけれど、こじっかり。

まさにゴルディロックス。
だからボラティリティがないともいうけれど・・・・

*******************************
実は24日㈫夕方、ヒヤリとする動きがあったんです。

ドバイ株急落!

私が18:00過ぎに見た時にはすでに8%強もの下落で
すわ、ドバイショック?! ここから米株にも危機波及か?

とも思ったりもして、緊張してみていたのですが
(その後仕事に入って、追いかけられず)

あんまりほかの市場に波及しなかったのね。
金価格も同時に急伸していたから、何かあったのかと思った
のですが、随分と小さな事情によるものだったようです。

ドバイ株が10カ月ぶり大幅安-アラブテック幹部解雇が響く
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N7OEEB6VDKIG01.html

ということで、これが他市場に影響することなく、
米国市場では住宅市場などの指標が良好だったことから
むしろ上昇していて、なんのことはない、ゴルディロックスは続く。。。

******************************

今夜、こうして米株が騰がるようだと、
成長戦略への失望シナリオでイベントドリブンを仕掛けてきた
短期筋が日本株を売り込む、というようなシナリオには
至らず、支えられた日経平均、素直に上を目指すことになるかも。

目新しさはなくて無風に終わったかに見えた成長戦略閣議決定ですが、
政府が改めてアナウンスメントすることが実は追い風になるという
シナリオか、そよ風程度でも風が吹けばいいわけです。

しかし、24日㈫騰落レシオが164%まで上昇してます、
なかなかの強気相場継続ですが、、、
アベノミクス相場スタート時の2012年12月~2013年2月までの期間は
騰落レシオ120%超えが36日間も続いたんですって。

今回は6月11日から23日まで9日間だそうで。。。

日経ロング、降りなきゃよかったなぁ・・・(´・ω・`)タラレバ

***************************

今日動いたのがポンド。

BOEのカーニー総裁ら当局者の議会証言で
年内の利上げの可能性が示されない?!ってことでポンド急落です。

あれ?6月13日にはカーニー総裁
「BOEは市場の予想より早期に利上げを開始する可能性」を
示唆していたのに、、、。総裁のタカ派的発言に背中を押されて
ポンドは堅調に推移してきました。

と、と、ところが今日は随分ハト派的。

① インフレ懸念が後退している
② 経済のゆるみは、まだまだある
③ 賃金上昇率が軟化している

とロンドンFX松崎さんが西原さん有料メールで
速報で書いてくださっていました。http://www.fire-bull.info/ni/

カーニー総裁、ビーン副総裁とマイルズ金融政策委員会委員らが
英経済には利上げを実施する前に解消されるべき
余剰生産能力が残っていると強調。

ビーン副総裁は刺激策の終了による生産性押し上げ効果と
インフレ率高進リスクのバランスを考慮すると、
利上げを急ぐ必要はないことが示されているとの認識を示した。

とロイター
http://jp.reuters.com/article/jpmarket/idJPL4N0P526E20140624

これまでインフレ沈静化のために、利上げに踏み切る時期が
前倒しになるとみられていた分、
BOEの慎重な声に市場が失望した格好ですが、
それでも、崩れているというほどでなく、
これ、いい押し目が提供されたとみて、買っていいとこかもね。

***************************

24日㈫夕方に発表になったドイツのIFO景気指数は、
前回:110.4 予想:110.3 結果:109.7 という内容で
現況・先行きともに市場予想を下回りました。

直後ユーロ売りが加速するも、その後、V字反騰で
ユーロ高に。ここで私ついつい飛び乗ってデイトレ。
(長く持つつもりが、その後行って来いでNY時間にはまた
大きく下げてしまったので、コストよりちょっと上で利食い)

なんだろ~指標が悪いんだから素直に下げてくれればいいのに、
下げてから倍返しで上昇、結局また下げる、、、って
この解りにくいトリッキーな動き!!

ユーロは軽い気持ちで触ったら火傷するわね。
買った後すぐに利益が出たポジションは
さっさとコストよりちょっとだけ上にストップを
置いておく癖をようやく身に着けましたが、
このところの相場はほんと、方向感なく動くので
ちゃんとストップ置いておかないとすぐマイナスになっちゃうわ。


人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社