2014年6月6日金曜日

ユーロは 見事な「行って来い。」

今回6月のECB理事会は大大注目でしたが、

ユーロ急伸→急落→急反騰 = ECB前の水準に戻って終わり?!
(AM1:00現在、、、あ、でもちょっと上がりそうなムード)

ドラギさんはやはり前回5月のECB理事会で示唆した通りに
追加緩和に踏み切りました。
市場も何かやることは十分に織り込んでいて、この1か月
ユーロは下落基調にあったのですが、
直近1週間ほどは、「噂で売って事実で買おう」という向きが
(日本の個人投資家勢など)ユーロを買い向かっており、
下げ渋っていました。
それでも200日移動平均線は割り込んでいたのですけれど。。。

◆ECB理事会 決定事項 

①主要政策金利のリファイナンス金利
0.25% → 0.15%に (過去最低金利)

②中銀預金金利を0% → 0.1%に引き下げ。
 (マイナス金利の導入は初めて)

 上限金利の限界貸出金利も0.78%→0.4%に引き下げ。
 
③資金供給手段として、固定金利で無制限の資金供給の継続

④証券市場プログラム(SMP)の不胎化措置を停止

⑤的を絞るLTRO計画再導入。当初規模は4000億ユーロ。
2回のLTROは9月と12月に実施。
 
⑥ABS(資産担保証券)購入に向けた準備作業強化中
 これは資産買入れですから「QE」政策。ただし準備中!?

ユーロはドラギ総裁の記者会見を受けて
売りが加速し一時2月6日以来の安値となる1.3503ドルまで
下げ幅を広げたのですが、見事なリバウンドです。

今回、QE(大規模な資産買い入れによる量的緩和)が見送られた、
というところに為替市場は反応したようです。
⑥に至っては、準備中だそうで・・・

ドラギECB総裁は必要であればさらなる措置を講じると強調しましたが、
ユーロの一段安にはつながりませんでした。
長~い下髭を付けたチャートになりましたので、
ここからユーロは大きく反騰する可能性がある形となりました。

しかし、、、このまま、ユーロが底入れして上がっていくかというと、
緩和に踏み切っていますし、量的緩和にも踏み切る準備がある、
ということですから、あまり軽く見ないほうがいいかもしれません。
高くなればまた次回のECB理事会を待たずに口先介入をしてくるでしょう。

まずは200日移動平均線をロウソク足実体がしっかり超えてくるか。
ここを超えたら、38.2%戻しの1.3688近辺、
次が半値戻しの1.3748近辺まで、戻る可能性はありますが、
せいぜいそのあたりでしょう。
日足のチャートはあまりにも美しいWトップです。

まずはこの200日を超えられるかどうかの今の水準を売ってみたい
気分で、、、今、1.3640でユーロ売ってみました。
200日超えちゃったら撤退です。


◆ユーロ意外での目立った動き

◇米10年金利

ECB理事会後に米10年金利は一時
2.6419%まで上昇しましたが結局上昇分を打ち消す動き。
現在2.57%まで下落中。

ドル円は102.75円近辺まで上がったものの、102.30円台まで下落。

◇金急伸

急伸と言っても10ドル強ですが、、、。
5月月末に30ドル余りの下落となったばかりでしたが、
1200ドル割れは免れた格好、現在1255ドル近辺。

ユーロの戻りを見てドル安?に連れたか?

◇なぜか NZドルや豪ドルが堅調

今夜はNZドルと豪ドルの戻りが凄い。
つまり、、、ドル安ですね。米金利はいったん上がったものの
再びダレてきていることから、ドル安基調が鮮明。
反騰基調のユーロも米金利のせいもあるのかしら・・・。


◇米株またもや最高値更新?株式全般堅調

今夜はこっちを買いました。

米株は今夜も史上最高値を更新する勢い。

だって、緩和なんだもの、株が下がるわけないよね?

ということで、Nasdaqを3746P、SP500を1929Pでロング
日経平均も15030円で拾っています。

為替より難しく考えなくていいので、株のインデックスにしました。
だって、ユーロの行って来いの展開なんか読めなかったし。。。
(ユーロポジション落としておいて良かった。)
明日は雇用統計だし、、、あ、これは米株も一緒ですけど(^-^;

独DAXも史上最高値更新したんだけれど、伸び悩み。
これはユーロが一度落ちた時に更新したのですが、
ユーロが反騰しているので欧州株が頭抑えられちゃってるってことね。

にしても、インド株は今日も堅調です。

やっぱりまだリスクオン相場は続きそう。

ただし、6月7日から水星が逆行することや
この週末あたりは要注意の日柄になっているので。。。

いつ崩れてもいいように、ストップ注文は浅目に
置いて寝ます。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社