2014年7月15日火曜日

14日㈪ 日経平均株価   15296.82円(前日比+132.78円)

今日の日本株は後場に入って突然大口の買いらしき力技での上昇。

年金?海外勢もお休みモードだと思うんだけれど、
日銀が買ったか、ともかく上昇のきっかけは不明。

日経平均で意識されていた25日線は先週11日に1日割り込みましたが
その日の内に戻しており、底知れぬpowerを感じますね。

今日は前場に日経平均を15215円で買ってみたのですが正解。

今夜の米株も強いです。
現在ダウは100ドル超の上昇で17000円台をしっかり固めそう。
17085ドルと史上最高値を再び更新。

GS(ゴールドマンサックス)が年末のS&P500指数の目標水準を
1900から2050へ上方修正した模様。強気だわ~

シティグループの4-6月期決算が予想を上振れたことも好感、
明日の日本株も強いでしょう~(*‘∀‘)ウフフ


ドル円も株の堅調に支えられて今日は一貫して上昇。
といっても、、、、上げ幅は地味です(笑)
101.60円台まで上昇するのがやっと。

日足で見れば、101円大台を何とか守って、反発してきたって感じね。

今日から明日までは日銀金融政策決定会合。
今回は政策に変更ないと見られており、全く話題になりません。

明日は展望リポートの中間評価もあるため、
もし、「物価見通し」に下方修正なんて指摘でも出てくれば
追加緩和への期待も膨らむ可能性はあります。
明日ってことはないでしょうけれど…。

でも、今日はドル円地味ながらもしっかりでした。
ドル円を買えば良かったかなぁ。。。

私、今日懲りずに先週撃沈したポンド円をまた買ったのです。

173.59円。買った直後に急騰して174円台まで高値があったのですが、
その後意味不明の急落に見舞われて、買い値を下回り、
再びポジションが消えました。利食いしてないのに!!

ポンドとは相性が悪いわね。最近・・・・。

急上昇の理由は西原さんメールで松崎さんが書いてくださっている
M&A絡みの可能性が大きかったようですが、
(米製薬企業による英企業買収が313億ポンドに上るとの報道が)
一巡した後は、どうも、明日発表の6月英CPIの発表を控えて
利食いの売りが出ているというようなコメントをGI社のブログに発見。

投機筋のポンドのロングは1日時点で5万6412枚と
2007年12月11日以来の高水準まで積み上がっていたとか。
8日時点では4万1639枚まで減少しましたが~
まだ市場のポジションはロングだったということでしょう。
http://gi24blog.com/archives/39137646.html

はぁぁ~ポジション偏ってたからちょっと整理されちゃった?
またしてもタイミング悪~。。。

ポンド円の日足のチャートは綺麗に上昇チャネルを描いており、
今下のサポートラインのところで止まっているのよね。
ここで反発できれば、前回高値を抜いて176円くらいまで
上昇するんじゃないか、と思っているんですが、
ポンドだけはボラが大きくて、タイミングが難しいです(´・ω・`)

しかし、ここのサポートのトレンドラインを下抜けると、
ポンド円は大き目の下落がきそうなのよね。。。

どっちなんだろ??

週足、月足のMACDはデッドクロスしそうで、下げそうな気配も。
今度は売りから狙うかもしれません(^^;


********************************

明日はRBA議事録が発表されます。
前回RBAでは強い豪ドル高けん制の声明がなかったのですが、
翌々日にスティーブンス総裁が突然豪ドル高けん制発言を
行っています。翌日に巨額の貿易赤字が出るのが分かっていたために
豪ドル高牽制をしなくても、下がると踏んでいたのでは?
と思われていますが、赤字が発表されても、思ったほど豪ドルが
下げなかったので、牽制発言に踏み切ったのでしょう、、、と言われてる。

さて、議事録の内容はどうなっているのかしら?

豪ドルも最近すっかりレンジ相場なので
どうも食指が動かないのよね、、、


人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社