2014年7月23日水曜日

オーストラリアの 4-6月期のCPI消費者物価指数が発表され、
市場の予想通りの結果となりましたが、RBA豪中央銀行が重視する
基調インフレが前期の2.65%から2.8%へ上昇していたことで
インフレ加速が意識され、豪ドルを買う動きが広がったようです。

一部には豪ドルは利下げもあるんじゃないかってな見通しもあったのですが、
このCPIでその思惑が吹き飛んだような感じ?!

で、豪ドルが上昇しているのですが、どこかで売ってみたいわぁ。。。

で、なぜか一緒にキウイも上昇したので、ここがチャンスか?と
キウイ円を88円、キウイドルを0.8678でソロリとショートしてみた。


今日のNZ上昇は豪ドルにつれ高しただけのようですので、
ここがチャンスかな?と。


明日RBNZ政策金利の発表があって、利上げが予想されてはいますが、
多分利上げ打ち止めになるんじゃないか~ってな予想もあって、
もしそうなら、利上げがあっても、売られちゃう可能性が大きいのでは?
と思ってみていたりします。

乳製品の下落、そして先週の第2四半期の消費者物価指数CPIの
前年比の上昇率がRBNZの予想を下回っていることで
利上げサイクルは終わりかな。。。という思惑が。

http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0PQ60420140716

※前年比1.6%の上昇でした。
伸びは第1四半期の1.5%からやや加速も
ロイターがまとめたエコノミスト予想は前年比1.8%上昇でした。
中銀は前年比1.7%と予想。


ということで、ユーロドルショートとキウイ円、キウイドルショートに
なりました。(/ω\)ダイジョウブカナ

*****************************


今日17:30、イギリス、BOE議事録要旨が公表されます。

一部タカ派委員が利上げ主張を開始する可能性に注目です。
一人でも利上げ票が投じられていれば、早期、年内にも
利上げ開始があるんじゃ??という期待が強まると見られております。

内容に注目。ことによってはポンドは乱高下するかも~


人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社