2014年8月29日金曜日

カルスターズ??

カルパースの間違いじゃないの・・・?と思って調べてみたら

カルスターズって年金基金も存在するのね、間違いじゃないことが分かった。

先ず。
カルパースってのは
カリフォルニア州職員退職年金基金 のことで

米国第1位の規模を誇る公務員の公的年金基金。

カリフォルニア州に雇用されている労働者、学校の職員、
連邦のカリフォルニア州の支部等の職員ならびに
それらの退職者でもって構成されています。

その規模は2950億ドル(30兆1500億円)とされており、
世界最大の公的資金だとされていましたが、
GPIFは120兆円を超えていますものね、
日本の年金規模のほうが圧倒的に大きいです。

そのカルパースは先般

「コモディティーやアクティブ運用型企業の株式、
ヘッジファンドへの投資を大幅に減らすことを考えている」
http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303721104580084483360904418

という報道があったのですが
その代替として(というわけでは決してないとおもうのだけれど)
日本の年金GPIFがこれから(思惑では9月以降)
アクティブ運用(主に日本株)に乗り出してくる!という報道が多いのですけれど、、、
それって、ちょっと将来の日本の在り様に不安が残る戦略ではないの??
と心配になっていたところでしたが。。。

カルスターズ

というのが出てきまして。

日経の記者の方がカルパースと間違えてんじゃないかと思って
読んだ記事なのですが、(すみません(^-^;)
実は私のほうが勉強不足でした、、カルターズってのも存在します!

カルスターズというのは
運用資産規模で第2位のカリフォルニア州教職員退職年金基金
なのだそうです。今回初めて知りました。

1位がカルパース
2位がカルスターズ

なんですね。。。ちょっと紛らわしいです(^-^;

そのカルスターズが

「日本への投資を拡大する検討に入った。
市況が好転する不動産に加え、未公開企業なども視野に入れている。」

という記事

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM27007_X20C14A8FF2000/

だとするならば

130兆近くあるGPIFマネーもこれから本格的に日本株を買うとされていますし
全米第2位の年金基金も日本株を買うことを検討している、というわけで
この日米の巨大年金の日本株ロング戦略に逆らうポジションを取るのは
なかなかの勇気がいることですよね。

日本株、特にインデックスは売っちゃダメです。短期ディールならいいですが。

日経平均は調整があれば、買うしかない。ということになります。

ということで、14000円台のロングにはなおさらの自信を固めつつ
足元でダレてきている日経平均、下がれば買い増しのチャンスと見て
ポジションを増やしていこうかと思っているところです。

できれば15000円大台われを狙いたいですが、そこまで下げるかどうか。

今月8月はもう明日29日が最後で来週から9月なのよね、早い(;゚Д゚)ウッ

◆今夜28日発表されたアメリカの4-6月期のGDP改定値は
前期比年率換算で4.2%増!!速報値の4.0%増から上方修正なり!
http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052970203483604580119710444714470

ドル円、瞬間上にはねたみたいですが、結局は元に戻ってしまって
ノーイベント化していますね。
GDPは4%だろうが4.2%だろうが大して変わらないってことね。
つまり、4%も成長していりゃいいじゃん。ってことです。

ここから相場を動かす材料は
来週のADP雇用統計、ECB理事会、米7月雇用統計ってことですね。

今週は調整色が強い流れの中でのレンジが続きそうです。

ポジションは変わらず。

スケ○心で短期でドル円売ったり、ユーロドル買ったりということは
しません!!そういう誘惑に負けてこれまでかなり市場に
勉強代を払いました。。。

今回も、ドル円の押し目を引きつけて買うのみ!!

(最近はこの戦略に絞って上手くいってるわよ)

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社