2014年8月3日日曜日

あれあれ?
雇用統計が高値となって下落するという
今年(特有)のドル円のアノマリ―発動かしら?

ドル円相場、雇用統計直前に103.02円まで高値を付けた後急落。
NYクローズは102.60円前後。。。
日足のろうそく足は上髭も下髭も長くて、
気迷い症状で1週間の取引を終えたイメージ。

でも、、、明らかに雇用統計発表後下がりました。

このまま週明け月曜からドル円が下がり続けたら、、、またしても?!

結局レンジ相場から出られないってことだわ。
夏のサマーバケーションシーズンですし、不思議はないけれど
先週7月30日に発表された米4-6月期のGDP+4%の衝撃でドカーンと上昇した
あの長大陽線はなんだったのか・・・(^^;


雇用統計の結果、おさらいです。

◆NFP(非農業部門雇用者数)
+20.9万人 (予想+23.3万人を下回る)

NFP伸びは6カ月連続20万人以上で1997年以来の長さとなるも、、、

◆失業率は6.2%と前回6.1%から予想外の上昇で悪化

◆U─6基準の失業率 12.2%に上昇!!
U-6とは…(完全失業者+就業希望するも職探しをあきらめた人
+フルタイムの就業をあきらめてパートタイムで働く人)

◆FOMC声明には
「広範な労働市場の指標は労働資源の活用不足が著しい」との記述。



早期利上げへ思惑がやや後退。

つまり、低金利政策の長期化の思惑ですね。
10年債利回りはせっかく4-6月期GDPで上昇基調に入ったかと
思われたのですが、再下落、ドル円はこれに連れ安となったと
見られます。結局10年物利回りは長期チャートでまだまだ下落トレンド継続中。












週明けのドル円相場がどうなるか…。
雇用統計の結果を受けて
またもレンジ相場入りの可能性は濃厚です。

*******************************

もう一つ気がかりなのは、10年債金利も低下、
低金利政策長期化の思惑が広がったのであれば、
株は下がらずに終わっても良かったはずです。

なのに米株はさらに下落しています。

NYダウ    16493.37(‐69.93)









S&P500は週間ベースで2年ぶりの大幅安です。

アルゼンチンやポルトガルをめぐる懸念が重しとなり続落という
解説が多いようですが、、、。

日足チャートでは明らかに天井のように見えますが、
週足チャートでは、ここで下げ止まって反発できるなら
まだ、トレンドをようやく保っているというのがダウのチャート。








今週の動向、下げ続けるか反発できるかで米株が
天井と付けたのかどうか確認できるでしょう。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社