2014年8月22日金曜日

あら、20日㈬FOMC議事録受けて全面ドル高になったというのに
米株は結局高く引けたのね。

NYダウが59ドル高
S&P500は7/24に付けた史上最高値1987に急接近

要するに、為替市場では議事録をタカ派と受け止めたんだけれど、
株式市場ではそうじゃなくて、早期利上げ観測が強まったとは
捉えなかったってことね。

都合のいい部分だけがピックアップされたというか。

◇為替市場

「労働市場の最近の改善が予想より大きく、
長期的に正常と見られる状況に著しく近づいたことで合意した」
「メンバーの多くが雇用増で利上げが早まる可能性があると判断」

というコメントから予想以上にタカ派的な内容と捉えて
早期金利上昇思惑でドル買い。
ドル円相場は103.90円台まで上昇したのよ~♪

◇株式市場

「別の数人からは物価上振れのリスクは高まっていない
との見方が出ていた」
「大半のメンバーは利上げ実施は今後の経済情勢次第との
見方を示していた」

此方を重要視した株式市場は議事録をタカ派的にとらえなかった、
(結局これまで繰り返されてきた「経済状況次第」なんでしょ)
ってことですね、早期利上げ観測は高まらないと判断。

で、ドル高になるのに株高、というちょっと違和感のある展開に。

この流れを受けたら日経は相乗効果で上昇するわよね。
円安になってて米株高で返ってきているんだもの。

ということで今日の日経平均、9日連続高を達成。

日経平均 15586.20(+131.75)

ドル円は今日もじり高で103.95円まで上昇しましたが、
流石に2日続けて大台節目突破は難しいか、
今夜は104円大台を手前に揉み合いにはいっちゃってますね。

今夜は9/16終了週の新規失業保険週間申請件数が

前週比1万4000件減の29万8000件と発表され
予想の30万件よりもちょっとだけ改善。

今回のデーターは9月に発表される8月雇用統計の調査期間に相当します。
7-8月の調査期間中の4週間移動平均件数は8500件減少だそうで
8月の雇用の伸びも比較的堅調となる可能性があるようです。

受給総数は4万9000件減の250万件。
2007年6月以来の低水準となり、失業率の低下を示唆しています。

しかし、この良好な数字を受けても為替市場の反応は薄く、
ちょっとドル高になりすぎたか、膠着していますね。

ドル円102.22円 103.02円ロングは継続します。
103.20-30円くらいまでの調整があっても不思議ではないと思いますが、
テクニカルは好転しており、いよいよトレンドが発生すると思います。。。

 ***********************************

イギリス、景気悪いじゃない~ますます利上げ思惑後退よ。

7月英小売売上高

前月比0.1%上昇、前年同月比2.6%上昇と
いずれも市場予想を下回っています。


人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社