2014年8月12日火曜日

今日の東京市場は夏休みってムードでしたね~

日経平均は30円程度の小幅高。
ドル円相場も102円台での小動き。

昨夜日経平均15170円台ロングも何とか逃げ切り、
今持ってる日経平均CFDは14000円台で拾ったものだけになっています。

このままこの水準をこなしてジワリ浮上のシナリオも考えられますが、
今日の日経平均のムード、ソフトバンク株のさえない値動きを
見ていると、まだ、警戒を解いてはいけない気もしております。

ということで、ドル円も買う気になれない・・・。

***************************

という中で今日は豪ドルが強くてNZドルが弱いという展開に。

豪住宅価格指数が1.8%と予想の1.1%、前回の1.5%を上回りました。
また、7月のNAB企業景況感指数は+8で前回の+2から大幅に上昇、
2010年以来4年ぶりの高水準、ということで豪州景気は悪くない、
ということで豪ドル買いが旺盛に。

一方ニュージーランド。
REINZ(NZ不動産協会)の7月住宅販売は前月比+2.3%、前年比▲13.0%。
住宅価格は前月比▲2.6%、前年比+8.1%、
住宅価格は3か月連続で下落しています。

REINZのエコノミストは、
不動産市場はまさしく「冬モード」に入った、
今後の利上げと選挙が購買層の行動に影響を与えるだろう、
と述べていた。ということで、

不動産価格高騰で利上げに踏み切ったNZ,
前回の利上げでいったん打ち止めとなる観測が強まっていましたが、
住宅化買うの下落をみるに、しばらくは利上げがないと思われます。

乳製品価格も下落しているし、、、、
NZドル下落はまだまだここから本格化するかもしれません。

キウイは戻り売りスタンスよ!0.8420で軽めのショート作りました。

*******************************

今日はユーロドルも再下落の様相。

2年物のドイツ国債利回りは一時マイナス圏へ突入したりしてます。
10年物の利回りは欧州債務危機の水準を下回っている状況ですって。

つまり、ドイツ国債に資金が逃げているってことね。
利回り低下で、ユーロも売られているということかな。

イタリアのGDPって2四半期連続マイナスでしたね。
イタリアはリセッションに逆戻りです。

ユーロ圏のインフレ率は0.4%まで低下しています。
デフレであれば通貨は強ばむと思われるのですが、
対ロ制裁の影響などを警戒したユーロからの逃避が
続いているということでしょうか。

*******************************

今夜は、アメリカから雇用系の指標が出るので注目かも。

6月の求人労働異動調査(JOLT)


イエレンFRB議長が注視しているイエレン・ダッシュボード(9つの雇用指標)
のうちの4つが発表されます。

JOLT求人件数の予想は、460万件。

5月の463.5万件からの減少が見込まれていることから、
4つの雇用関連指標(求人率、解雇率、退職率、採用率)も
悪化するかも?ということで注意が必要なんだけど、

数字が悪ければ低金利政策長期化への安心感でドル売り、株高に
なるかも?とも思うし。

素直に数字が悪くて株売りになるかどうかわかりません。
数字が良ければドル買い?!ん~~
予想が難しいですね。


人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社