2014年9月9日火曜日


ポンドの窓開け下落にはびっくりしました~。

なんだか最近ビックリすることがやたら多いです。

ECB理事会、9月にあれだけの緩和策を発表するとは思わなかったし、
雇用統計、あんなに予想を下回ったのにドル円が崩れなかったわ。

今夜2:00過ぎ、再び今年の高値を上回って
ドル円106円台乗せ達成です!!


それと、ポンドよポンド。

9月18日のスコットランド独立の投票控えて、
な・な・なんと、独立賛成票が反対を上回ったですって?!

独立賛成派 51% vs 反対派 49%

週末、こんなニュースが入ってきていたものだから、
週初月曜のポンドはギャップダウンスタート!
ポンド売りが止まらない展開となっています。

値ごろで買った向きのストップが狩られたような展開ね。

ポンドドルは戻りも弱く、現在も再び下落基調も
ポンド円は、月曜深夜2:00過ぎに(つまり9日火曜に)
ドル円が106円台乗せまで上昇してきたので、
つれ高となっているわよ。でも、ポンド円を買うのは怖いわね。
とにかくスコットランド独立を問う投票の行方を見極めないと
安易にポンド買いするべからず、だわ。

むしろ、ポンド円は38.2%戻りの171円台でショートしたいくらい。

18日は来週木曜です。ポンド円ロングは危険ですよ~
ドル円相場が106円台まで上昇していますが、
これがちょっとでも調整基調となれば、一緒に崩れますものね。

*****************************

だけど、ドル円、押し目待ちに押し目無しです。

101-102円台の膠着がやたら長かった分、上昇powerは強いはずだから
ずっとずっと売らずに102円と103円台のロングを継続していますが、
それにしても、ポジションを買い増すってのは難しいわよね。
私が買い増した時だけ、ちょっと下げたりしてすぐに撤退、
結局上手にポジションを増やせていないのが悔やまれますが、
まあ、根っこのポジションを温めているので良しとします。

週末の雇用統計の数字が悪くても、
週初の日本の4-6月期のGDP改定値が▲6.8%から7.1%に下方修正されても

それでも、ドル円の騰勢衰えず、です。

リーマンショック以来の落ち込みですってよ。
リーマン直後は▲15%ってのがあった。2009年1-3月期。
この時私も仕事随分打ち切りになったよなぁ・・・。

4-6月GDP下方修正、リーマン以来の減少幅
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NBCY3Z6TTDS001.html

ドル円の上昇が果たして喜ばしいことなのか?という議論はあるかと
思いますが(^-^;も、もしかしたら、悪い円安?日本売り??

なんて気がしないでもないのですけれど、
それは明日の日本株を見ればわかるでしょう。

あまり上がらないようだと危ない円安かも??

素直に日本株が上がるならまだ心配はいらないでしょう。
110円を一気に抜けるような展開となれば、ちょっと危険な気もします。

ただ、今夜は米株が弱いのがちょっと気がかりね。
円安が来ても、米株が安く終われば、日本株も微妙か・・・。

中国アリババのIPO控えての換金売りが広がっているのか?
あるいは1年で最もパフォーマンスの悪い9月相場、流石に米株は
9月大き目の調整が入るのか?

米株はまだ崩れてきたというほどではないですが、
頭が重いのが気になりますね。


日本は為替だけがどんどん円安になっては困るのです。
株がきちんと上がってくれないと。

ドル円が年初来高値を更新している割には
日経はまだ16000円台達成していないわ。

これがGDPの弱さ、消費増税の影響などを嫌気しているとするならば・・・

ということで、政府も動き出します。

経済対策、本格検討=市場は5兆円規模期待-景気足踏みで・政府
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201409/2014090800680&g=eco

4兆円じゃダメ。5兆円という数字が出なければ。

ということらしいですが、公共事業、あるいは消費を喚起させる
エコポイントの復活とか、ガソリンの税金、エネルギーコスト部分を
なんとかするとか、そういう景気のテコ入れ策が早急に求められるという
状況には違いないですね。

それでも、私はあまり弱気には見ていません。
日経ロングもこのまま継続します。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社