2014年10月2日木曜日


今日10月1日、ドル円相場は6年1ヵ月ぶりに110円台の大台乗せ達成!!

だけど・・・110円って大台乗せだから達成感があったのかしら。
110円.08円を瞬間付けてドル円NY時間には109.22円まで下げています。

なんてったって、今夜は米株が下がっているんですよ。
エボラ出血熱感染者が米国内で出たことで航空機での行き来が
減少するとの思惑だとかで、航空関連が売られているとかなんとか。

米株下落でドル円下落、という側面もあるのかもしれませんが、
米金利も下がっているのよね。株から債券に逃避しているの??

米国債10年物の利回りは2.4%台へと落ちてきています。
9/18、FOMC翌日で、アリババ上場の前日に2.629%まで上昇していたのですが、
この日を境に米金利は下落傾向にあり、
株式市場もまた、19日のアリババ上場の日を高値に崩れているんです。



ドル円相場はそれでも買われて今日10/1に110円台の高値を
ユーロドルも下落を続けたわけで、昨今のドル高は
金利動向とは相関していなかったことがわかります。

となると、大倉キャプテンが推察していたように
中央銀行のポートフォリオリバランスのドル買いが粛々と
出ていたということで、マーケットの地合いとは関係がない
ドル高だった、ということかもしれません。
少なくとも9月末に向けては。ほら、期末だし月末だったでしょ。
それに向けたドル買いもあったんだと思います。

それが10月に入って新しい期がスタートするのを境に止まったのかも?

じゃあ、なんで東京時間にドル円110円まで行ったのか、というと、
今日は元インターバンクディーラーの水上紀行さんにお話聞いたのですが、
9月末って期末なので、ドル円が上昇しているのに、本邦機関投資家は
何にも出来なくて、うずうずしていたわけですが、
新しい期のスタートでニューマネーを使って、ドッと買ったみたいなんです。

え、、、張り切ってドル買いしちゃった、、、ってこと??

そんな新人さんみたいなことするの?と不思議なのですが、
意外に単純なようです(^-^;
で、買ったところが高値で下がりだしちゃった、、、ってことで
そんなに下手でいいのか。と突っ込みたくなりますが、
まあ、それが真相のようです。東京時間のドル高。

で、今夜のADP雇用統計は21.3万人で予想より若干良かったのですが。
そのADPが出た後から利回りが下がりだして、
ドル安が顕著になっているのよね。
なんでなのかはさっぱりわかりませんが。。。

株式市場には先週またヒンデンブルグオーメンが出た?
http://toyokeizai.net/articles/-/49115

ということで一部関係者の間では警戒されていたようですが、
いよいよ10月ということで、アノマリー通り大き目の調整が入るのかも
しれません。まあ、その安値は買いなんだけれど。

どうせ買うなら、できるだけ安くなってからがいいわよね。
ということで、109.30円台でのドル円ロングまだ持っているんだけれど
ちょっと様子見ながら継続しつつ、さらに下がるようなら
安値をまた拾って買い増して行こうと思います。

あくまでドルを買う方向でしかポジションを作りません。

しかし、、、、日経平均先物も16000割れてるわ。
明日の日経平均大きく下げますね。
で、つれる形でドル円も下がるでしょう。

108円台から拾うか。

”””””””””””””””””””””””””””””””

それと今夜はまたしてもNZドル下落です。

全体的にドル高に調整が入っている中でNZドルも買い戻されて
いたんだけれど、またしてもフォンテラの乳製品価格オークションです。

なんと前回9/16の入札価格から▲7.3%


乳製品価格は今年2月を高値に急下降中。
これでNZ経済も先行きに不安が高まり、、、NZドル売り再開です。

NZドル0.7799㌦でショートしてみました。

ドル買い、キウイ売りですね。

今週、NZのキー首相発言の
「NZドルにとっていわゆるゴルディロックス状態な水準は0.65ドル前後」
0.65アラウンド狙ってみようかな??

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社